成長と生長の違いとは?

  • ギモン雑学 TOP
  • 賢くなるための知恵
  • カテゴリー
  •  

     

    さてあなたは”成長”と”生長”という言葉をご存知でしょうか。

     

    これらはどちらも同じ読み方をしますが、
    意味は少し異なり、まったく同じわけではありません。

     

    そこでこのページでは、成長と生長の違いについて簡単に解説します。

     

    どうぞご覧ください。

     

    スポンサーリンク

     

     

    1.成長と生長の違いとは?

     

    では成長と生長の違いについて見ていきましょう。

     

    結論から言ってしまうと成長と生長の違いは、対象としているモノの違いです。

     

    成長とは動物が育って大きくなったり、物事の規模が大きくなることを指し、
    生長とは植物が育って大きくなることを指しています。

     

    なので”成長は動物・物事(植物以外)”を対象としており、”生長は植物”を対象としています

     

    例えば成長は「成長期の子ども」、「成長株」、「成長産業」、「高度経済成長」のように用いられ、
    生長は「草木が生長する」、「生長した樹木」のように対象が植物のときに用いられます。

     

     

    ただ昔は「植物以外であれば成長、植物であれば生長を用いる」とされていましたが、
    ややこしくなることから昭和31年にはどちらも”成長”で統一することになっています。

     

    その対象が植物のときは”生長”を用いても間違いではありませんが、
    どちらを使うか迷ったときは”成長”を使う方が間違うことがないので安全です。

     

    ですので植物以外なのか植物なのかに関わらず、”成長”の方を使用するようにしましょう

     

     

    以上が「成長と生長の違いとは?」でした。

     

    スポンサーリンク

     

    2.まとめ

    これまで説明したことをまとめますと、

    • 成長とは動物が育って大きくなったり、物事の規模が大きくなること。
    • 生長とは、植物が育って大きくなること。
    • 成長と生長の違いは、対象としているモノ(植物以外か植物か)が異なる。
    • ややこしくなることから対象に関係なく、”成長”を使うようにと統一されている。

     

     このエントリーをはてなブックマークに追加 

     

    こちらもお勧め!

     

    関連ページ