凝るの読み方と意味、「こる」と「こごる」正しいのは?

  • ギモン雑学 TOP
  • 賢くなるための知恵
  • カテゴリー
  •  

     

    さて日常的に使われるもので「凝る」という言葉があります。

     

    この凝るに使用されている漢字は普段あまり見ることはなく、
    どのような読み方なのか分からないという人も多いですよね。

     

    そこでこのページでは凝るの読み方と意味、「こる」と「こごる」どちらが正しいのかを解説します。

     

    どうぞご覧ください。

     

     

     

    1.凝るの正しい読み方は「こる」「こごる」?

     

    では凝るの正しい読み方は、「こる」「こごる」どちらなのかを見ていきましょう。

     

    結論から言ってしまうと、凝るの正しい読み方は「こる」「こごる」の両方になります

     

    凝るの”凝”は「こ(らす)」「こ(る)」「こご(る)」「ぎょう」と読むことができます。

     

     

    一般的には凝るは「こる」と読むことがほとんどです。

     

    ただ凝るは「こる」「こごる」のどちらで読むかによって、意味が異なるので注意が必要です。

     

     

    次の章で凝るの意味と類義語について解説していきます。

     

    2.凝るの意味と類義語について

     

    では凝るの意味と類義語について見ていきましょう。

     

    まず凝る(こる)は「ある事に心を奪われて夢中になること。熱中すること/細かいところにまで工夫を施すこと/筋肉が張ってかたくなること」の意味として用いられています。

     

     

    凝るを「こる」と読むと上記のような意味になりますが、
    「こごる」と読むと「冷えて固まること」の意味となります

     


    ※上は煮凝(にこご)りの写真

     

    一般的に「こごる」というのは、”煮凝(にこご)り”のように「魚などの煮汁が、冷えて固まったもの」を表すときに使うことがほとんどです。

     

    このように凝るは「こる」「こごる」のどちらで読むかによって、意味が異なるので覚えておきましょう。

     

     

     

    凝るを用いた例文としては、「占いに凝(こ)る」や、
    「凝(こ)った料理を提供する」のような使い方で用いられています。

     

    前者の例文は「ある事に心を奪われて夢中になること。熱中すること」の意味で、後者の例文は「細かいところにまで工夫を施すこと」の意味で使用しています。

     

     

     

    また凝る(こる)の類義語としては、「熱心(ねっしん)・没頭(ぼっとう)・耽溺(たんでき)・浸る(ひたる)」などの言葉が挙げられます

     

    どの言葉についても凝ると意味は似ていますが、まったく同じ意味ではないので注意してください。

     

     

    以上が「凝るの読み方と意味、”こる”と”こごる”正しいのは?」でした。

     

     

    3.まとめ

    これまで説明したことをまとめますと、

    • 凝るの正しい読み方は「こる」「こごる」の両方。
    • 凝る(こる)は「ある事に心を奪われて夢中になること。熱中すること/細かいところにまで工夫を施すこと/筋肉が張ってかたくなること」の意味。
    • 凝る(こごる)は「冷えて固まること」の意味。
    • 凝る(こる)の類義語には、「熱心・没頭・耽溺・浸る」などがある。

     

     

    関連ページ