さて日常的に使われるもので「煽る」という言葉があります。

 

この煽るに使用されている漢字は普段あまり見ることはなく、
どのような読み方なのか分からないという人も多いですよね。

 

そこでこのページでは煽るの読み方と意味、「あおる」と「おだてる」どちらが正しいのかを解説します。

 

どうぞご覧ください。

 

 

 

1.煽るの正しい読み方は「あおる」「おだてる」?

 

では煽るの正しい読み方は、「あおる」「おだてる」どちらなのかを見ていきましょう。

 

結論から言ってしまうと、煽るの正しい読み方は「あおる」になります

 

煽るの”煽”は「あお(る)」「おだ(てる)」「せん」と読むことはできますが、
「おだて(る)」と読むことはできないので、煽るを「おだてる」と読むのは間違いです。

 

 

「おだてる」というのは、”煽てる”と書き表されるため注意が必要です。

 

 

次の章で煽るの意味と類義語について解説していきます。

 

2.煽るの意味と類義語について

 

では煽るの意味と類義語について見ていきましょう。

 

まず煽るの意味は下記のとおりです。

  1. うちわなどで風を起こすこと。また、風が火の勢いを強めること
  2. 風が物を揺り動かすこと。風を受けて物が動くこと
  3. 煽(おだ)てたりして、相手がある行動をするように、またはある心境になるように仕向けること
  4. 物事に勢いをつけること
  5. 相場の高騰を狙って、株などを意図的に大量に買うこと
  6. 鐙(あぶみ)で障泥(あおり)を蹴って馬を急がせること

 

 

煽るを用いた例文としては、「いたずらに皆の不安を煽るのはやめろ」や、「その出来事が彼の人気を煽る」のような使い方で用いられています。

 

前者の例文は「煽てたりして、相手がある行動をするように、またはある心境になるように仕向けること」の意味で、後者の例文は「物事に勢いをつけること」の意味で使用しています。

 

 

 

また煽るの類義語としては、「煽てる(おだてる)・使嗾(しそう)・扇動(せんどう)・教唆(きょうさ)」などの言葉が挙げられます

 

どの言葉についても煽ると意味は似ていますが、まったく同じ意味ではないので注意してください。

 

 

以上が「煽るの読み方と意味、”あおる”と”おだてる”正しいのは?」でした。

 

 

3.まとめ

これまで説明したことをまとめますと、

  • 煽るの正しい読み方は「あおる」で、「おだてる」は間違い。
  • 煽るの類義語には、「煽てる・使嗾・扇動・教唆」などがある。

<煽るの意味>

  1. うちわなどで風を起こすこと。また、風が火の勢いを強めること
  2. 風が物を揺り動かすこと。風を受けて物が動くこと
  3. 煽てたりして、相手がある行動をするように、またはある心境になるように仕向けること
  4. 物事に勢いをつけること
  5. 相場の高騰を狙って、株などを意図的に大量に買うこと
  6. 鐙で障泥を蹴って馬を急がせること

 

 

関連ページ