嵌るの読み方と意味、「はまる」と「たばかる」正しいのは?

  • ギモン雑学 TOP
  • 賢くなるための知恵
  • カテゴリー
  •  

     

    さて日常的に使われるもので「嵌る」という言葉があります。

     

    この嵌るに使用されている漢字は普段あまり見ることはなく、
    どのような読み方なのか分からないという人も多いですよね。

     

    そこでこのページでは嵌るの読み方と意味、「はまる」と「たばかる」どちらが正しいのかを解説します。

     

    どうぞご覧ください。

     

     

     

    1.嵌るの正しい読み方は「はまる」「たばかる」?

     

    では嵌るの正しい読み方は、「はまる」「たばかる」どちらなのかを見ていきましょう。

     

    結論から言ってしまうと、嵌るの正しい読み方は「はまる」「はめる」の両方になります

     

    嵌るの”嵌”は「は(める)」「かん」と読むことはできますが、「たばか(る)」と読むことはできないので、嵌るを「たばかる」と読むのは間違いです。

     

    (「たばかる」というのは、”謀る”と書き表されます)

     

     

    ただ嵌るは「はまる」「はめる」のどちらで読むかによって、意味が少し異なるので注意が必要です。

     

     

     

    また嵌るの”嵌”という字には「はま(る)」「はめ(る)」の読み方は存在せず、この嵌るというのは”嵌まる・嵌める”を省略した読み方となっています。

     

    ですが”嵌る”と表記してしまうと、それが「はまる」「はめる」のどちらで読むのか分かりにくくなるため、「はまる」は”嵌まる”、「はめる」は”嵌める”と表記するのが良いでしょう。

     

     

    次の章で嵌るの意味と類義語について解説していきます。

     

    2.嵌るの意味と類義語について

     

    では嵌るの意味と類義語について見ていきましょう。

     

    まず嵌る(はまる)は「穴の部分にぴったりと入ること/穴や深みに落ちること/うまく当てはまること/騙(だま)されること/夢中になること」の意味として用いられています。

     

     

    嵌るを「はまる」と読むと上記のような意味になりますが、「はめる」と読むと「ある形に合うように中に入れる(または外側に被せる)こと/穴やくぼみに落とすこと/騙すこと/ある制限・範囲内におさめ入れること」の意味となります

     

    このように嵌るは「はまる」「はめる」のどちらで読むかによって、意味が少し異なるので覚えておきましょう。

     

     

     

    嵌るを用いた例文としては、「ゲームに嵌(はま)る」や、
    「現在の教育によって型に嵌(はめ)られ個性がなくなる」のような使い方で用いられています。

     

    前者の例文は「夢中になること」の意味で、後者の例文は「ある制限・範囲内におさめ入れること」の意味で使用しています。

     

     

     

    また嵌るの類義語としては、「偽装(ぎそう)・籠絡(ろうらく)・詐欺(さぎ)・翻弄(ほんろう)」などの言葉が挙げられます

     

    どの言葉についても嵌ると意味は似ていますが、まったく同じ意味ではないので注意してください。

     

     

    以上が「嵌るの読み方と意味、”はまる”と”たばかる”正しいのは?」でした。

     

     

    3.まとめ

    これまで説明したことをまとめますと、

    • 嵌るの正しい読み方は「はまる」「はめる」の両方で、「たばかる」は間違い。
    • 嵌る(はまる)は「穴の部分にぴったりと入ること/穴や深みに落ちること/うまく当てはまること/騙されること/夢中になること」の意味。
    • 嵌る(はめる)は「ある形に合うように中に入れる(または外側に被せる)こと/穴やくぼみに落とすこと/騙すこと/ある制限・範囲内におさめ入れること」の意味。
    • 嵌るの類義語には、「偽装・籠絡・詐欺・翻弄」などがある。

     

     

    関連ページ