溺死の読み方と意味、「できし」と「じゃくし」正しいのは?

  • ギモン雑学 TOP
  • 賢くなるための知恵
  • カテゴリー
  •  

     

    さて日常的に使われるもので「溺死」という言葉があります。

     

    この溺死に使用されている漢字(特に”溺”)は普段あまり見ることはなく、
    どのような読み方なのか分からないという人も多いですよね。

     

    そこでこのページでは溺死の読み方と意味、「できし」と「じゃくし」どちらが正しいのかを解説します。

     

    どうぞご覧ください。

     

     

     

    1.溺死の正しい読み方は「できし」「じゃくし」?

     

    では溺死の正しい読み方は、「できし」「じゃくし」どちらなのかを見ていきましょう。

     

    結論から言ってしまうと、溺死の正しい読み方は「できし」になります

     

    溺死の”溺”は「おぼ(れる)」「でき」と読むことはできますが、
    「じゃく」と読むことはできないので、溺死を「じゃくし」と読むのは間違いです。

     

     

    溺死の”溺(でき)”という字は、”弱(じゃく)”という字に似ているため注意が必要です。

     

     

     

    また溺死(できし)のように「溺(でき)」が用いられている言葉には、
    「溺愛(できあい)・惑溺(わくでき)・耽溺(たんでき)・沈溺(ちんでき)」などがあります。

     

    溺死(できし)のように「死(し)」が用いられている言葉には、
    「死出(しで)・生死(せいし)・仮死(かし)・死守(ししゅ)」などがあります。

     

     

    次の章で溺死の意味と類義語について解説していきます。

     

    2.溺死の意味と類義語について

     

    では溺死の意味と類義語について見ていきましょう。

     

    まず溺死は「水に溺(おぼ)れて死ぬこと」の意味として用いられています。

     

     

    溺死を用いた例文としては、「危うく溺死するところだった」や、
    「溺死しそうなところを救助された」のような使い方で用いられています。

     

     

     

    また溺死の類義語としては、「入水(じゅすい)・水難(すいなん)・没溺(ぼつでき)・川流れ(かわながれ)」などの言葉が挙げられます

     

    どの言葉についても溺死と意味は似ていますが、まったく同じ意味ではないので注意してください。

     

     

    以上が「溺死の読み方と意味、”できし”と”じゃくし”正しいのは?」でした。

     

     

    3.まとめ