杜仲の読み方と意味、「とちゅう」と「しゃちゅう」正しいのは?

  • ギモン雑学 TOP
  • 賢くなるための知恵
  • カテゴリー
  •  

    さて日常的に使われるもので「杜仲」という言葉があります。

     

    この杜仲に使用されている漢字(特に”杜”)は普段あまり見ることはなく、
    どのような読み方なのか分からないという人も多いですよね。

     

    そこでこのページでは杜仲の読み方と意味、「とちゅう」と「しゃちゅう」どちらが正しいのかを解説します。

     

    どうぞご覧ください。

     

     

     

    1.杜仲の正しい読み方は「とちゅう」「しゃちゅう」?

     

    では杜仲の正しい読み方は、「とちゅう」「しゃちゅう」どちらなのかを見ていきましょう。

     

    結論から言ってしまうと、杜仲の正しい読み方は「とちゅう」になります

     

    杜仲の”杜”は「もり」「と」「ず」、”仲”は「なか」「ちゅう」と読むことはできますが、「しゃ」と読むことはできないので、杜仲を「しゃちゅう」と読むのは間違いです

     

     

     

    また杜仲(とちゅう)のように「杜(と)」が用いられている言葉には、
    「杜氏(とうじ)・杜絶(とぜつ)・杜甫(とほ)・李杜(りと)」などがあります。

     

    杜仲(とちゅう)のように「仲(ちゅう)」が用いられている言葉には、
    「仲介(ちゅうかい)・仲裁(ちゅうさい)・伯仲(はくちゅう)・仲秋(ちゅうしゅう)」などがあります。

     

     

    次の章で杜仲の意味について解説していきます。

     

    2.杜仲の意味について

     

    では杜仲の意味について見ていきましょう。

     

    まず杜仲は「トチュウ科の落葉高木のこと」の意味として用いられています。

     

    高さは約20メートルで、春頃に小花を咲かせ、葉は互生(ごせい)で楕円形(だえんけい)をしています。

     

     

    また杜仲の樹皮を乾燥させたものを強壮薬にし、葉は煎(せん)じたものをお茶のようにして飲みます

     

     

    以上が「杜仲の読み方と意味、”とちゅう”と”しゃちゅう”正しいのは?」でした。

     

     

    3.まとめ