被害者と加害者の違いとは?

  • ギモン雑学 TOP
  • 賢くなるための知恵
  • カテゴリー
  •  

     

    さてあなたは”被害者”と”加害者”という言葉をご存知でしょうか。

     

    これらはニュースなどでも聞くことが多い言葉ですが、
    どちらも同じような意味として捉えている人がいるかもしれません。

     

    そこでこのページでは、被害者と加害者の違いについて解説します。

     

    どうぞご覧ください。

     

    スポンサーリンク

     

     

    1.被害者と加害者の違いとは?

     

    では被害者と加害者の違いについて見ていきましょう。

     

    結論から言ってしまうと被害者と加害者の違いは、
    ”害を被(こうむ)った人”なのか、”害を加えた人”なのかになります

     

    被害者とは害を被った(受けた)人のことを指していて、
    加害者とは他人に害を加えた人のことを指しています。

     

    つまり被害者と加害者は、それぞれ反対の意味を持つ言葉なんですね。

     

     

    また加害者がいるということは、必ず被害者は存在していますが、
    被害者がいたとしても必ずしも加害者が存在するとは限りません

     

    被害者については加害者から害を受けた人のことを指しますが、
    他に人為的な被害以外(自然災害による被害など)の場合でも被害者と言います。

     

    なので自然災害で被害を受けた人のことを被害者とは言いますが、
    それが誰かのせいで引き起こされたものでない限りは加害者は存在しなくなります。

     

     

    以上が「被害者と加害者の違いとは?」でした。

     

    スポンサーリンク

     

    2.まとめ

    これまで説明したことをまとめますと、

    • 被害者とは、他人や自然災害などにより害を被った(受けた)人のことを指す。
    • 加害者とは、他人に害を加える人のことを指す。
    • 自然災害などの被害にあっても被害者と言うので、必ずしも被害者の他に加害者が存在するわけではない。

     

     このエントリーをはてなブックマークに追加 

     

    こちらもお勧め!

     

    関連ページ