屹度の読み方と意味、「きっと」と「きつど」正しいのは?

  • ギモン雑学 TOP
  • 賢くなるための知恵
  • カテゴリー
  •  

     

    さて日常的に使われるもので「屹度」という言葉があります。

     

    この屹度に使用されている漢字(特に”屹”)は普段あまり見ることはなく、
    どのような読み方なのか分からないという人も多いですよね。

     

    そこでこのページでは屹度の読み方と意味、「きっと」と「きつど」どちらが正しいのかを解説します。

     

    どうぞご覧ください。

     

     

     

    1.屹度の正しい読み方は「きっと」「きつど」?

     

    では屹度の正しい読み方は、「きっと」「きつど」どちらなのかを見ていきましょう。

     

    結論から言ってしまうと、屹度の正しい読み方は「きっと」になります

     

    屹度の”屹”は「きつ」、”度”は「たび」「ど」「と」と読むことができますが、屹度は「きっと」と読むのが正しく、「きつど」と読むのは間違いです。

     

     

     

    また屹度の”屹”の読み方は「きつ」と読むことはできますが、
    もともとそれ単体では「きっ」という読み方をすることはできません。

     

    屹度のように「きつと」ではなく、「きっと」と変化して読むのは、日本語の「促音化(そくおんか)」と呼ばれているものです

     

     

    促音化とは、”2つの語が結びついて1つの語になるときに、発音しやすくするために、後ろの語(カ行・サ行・タ行・パ行)の前に付いた音が「っ」(これを促音という)に変化する現象のこと”を言います。

     

    屹度であれば、屹(きつ)+度(と)なので、度(後ろの語)の前に付いた音である”つ”が促音の”っ”に変化します。

     

     

     

    例えば「楽器(がっき)」や「切削(せっさく)」は促音化なしで読むと、
    「がくき」や「せつさく」と読むのが普通です。

     

    もともと”楽”には「がっ」という読み方はないですし、”切”にも「せっ」という読み方は存在しません

     

     

    ですが日本語では促音化によって促音(「っ」)に変化するため、
    「楽(がっ)」「切(せっ)」と変化させて読んでいるのです。

     

    ただすべての言葉が促音化によって促音(「っ」)に変化するわけではないので、注意してください。

     

     

    次の章で屹度の意味と類義語について解説していきます。

     

    2.屹度の意味と類義語について

     

    では屹度の意味と類義語について見ていきましょう。

     

    まず屹度は「話し手の決意や確信、また強い要望などを表す語/表情や態度などが厳しいさま」の意味として用いられています。

     

     

    屹度を用いた例文としては、「明日は屹度晴れだろう」や、
    「彼を屹度にらみつける」のような使い方で用いられています。

     

    前者の例文は「話し手の決意や確信、また強い要望などを表す語」の意味で、後者の例文は「表情や態度などが厳しいさま」の意味で使用しています。

     

    一般的には屹度は前者の意味で使われることが多いです。

     

     

     

    また屹度の類義語としては、「絶対(ぜったい)・確実(かくじつ)・必至(ひっし)・断じて(だんじて)」などの言葉が挙げられます

     

    どの言葉についても屹度と意味は似ていますが、まったく同じ意味ではないので注意してください。

     

     

    以上が「屹度の読み方と意味、”きっと”と”きつど”正しいのは?」でした。

     

     

    3.まとめ