配うの読み方と意味、「くばう」と「あしらう」正しいのは?

  • ギモン雑学 TOP
  • 賢くなるための知恵
  • カテゴリー
  •  

     

    さて日常的に使われるもので「配う」という言葉があります。

     

    この配うに用いられている漢字自体はさほど難しくないですが、
    配うがどの読み方なのか悩んだことがあるという人も多いですよね。

     

    そこでこのページでは配うの読み方と意味、「くばう」と「あしらう」どちらが正しいのかを解説します。

     

    どうぞご覧ください。

     

     

     

    1.配うの正しい読み方は「くばう」「あしらう」?

     

    では配うの正しい読み方は、「くばう」「あしらう」どちらなのかを見ていきましょう。

     

    結論から言ってしまうと、配うの正しい読み方は「あしらう」になります

     

    配うの”配”は「くば(る)」「はい」と読むことはできますが、配うは「あしらう」と読むのが正しく、「くばう」と読むのは間違いです。

     

     

    もともと配うの”配”という字には「あしら(う)」という読み方はありません。

     

    ですが”配”という字の持っている意味が「あしらう」という言葉の意味と似ていたために、”配う”に「あしらう」という読み方が当てられました

     

     

    次の章で配うの意味と類義語について解説していきます。

     

    2.配うの意味と類義語について

     

    では配うの意味と類義語について見ていきましょう。

     

    まず配うは「素材や色などをうまく取り合わせること」の意味として用いられています。

     

     

    「あしらう」は他にも”遇う”と書き表されることもありますが、
    こちらの”遇う”は「応対すること/相手を見下していい加減に扱うこと」の意味で用いられます。

     

    ”遇”という字には「もてなす。扱うこと」、”配”という字には「組み合わせる」の意味があります。

     

     

    もともと”遇”と”配”には「あしら(う)」という読み方はありませんが、それぞれの持っている意味が「あしらう」という言葉の意味と似ていたために、”遇う・配う”に「あしらう」という読み方が当てられました

     

     

     

    それぞれの例文としては、「帽子に花を配う」や、
    「面倒くさいので適当に遇う」のような使い方で用いられています。

     

    前者の例文は「素材や色などをうまく取り合わせること」の意味で、
    後者の例文は「相手を見下していい加減に扱うこと」の意味で使用しています。

     

     

     

    また配うの類義語としては、「調和(ちょうわ)・配合(はいごう)・折衷(せっちゅう)・添える(そえる)」などの言葉が挙げられます

     

    どの言葉についても配うと意味は似ていますが、まったく同じ意味ではないので注意してください。

     

     

    以上が「配うの読み方と意味、”くばう”と”あしらう”正しいのは?」でした。

     

     

    3.まとめ