解くの読み方と意味、「ほどく」と「とく」正しいのは?

  • ギモン雑学 TOP
  • 賢くなるための知恵
  • カテゴリー
  •  

     

    さて日常的に使われるもので「解く」という言葉があります。

     

    この解くに用いられている漢字自体はさほど難しくないですが、
    解くがどの読み方なのか悩んだことがあるという人も多いですよね。

     

    そこでこのページでは解くの読み方と意味、「ほどく」と「とく」どちらが正しいのかを解説します。

     

    どうぞご覧ください。

     

     

     

    1.解くの正しい読み方は「ほどく」「とく」?

     

    では解くの正しい読み方は、「ほどく」「とく」どちらなのかを見ていきましょう。

     

    結論から言ってしまうと、解くの正しい読み方は「ほどく」「とく」の両方になります

     

    解くの”解”は「と(く)」「ほど(く)」「かい」「げ」と読むことができます。

     

     

    ただ解くは「ほどく」「とく」のどちらで読むかによって、意味が異なるので注意が必要です。

     

     

    次の章で解くの意味について解説していきます。

     

    2.解くの意味と類義語について

     

    では解くの意味について見ていきましょう。

     

    まず解く(ほどく)は「結んだもの、もつれたものを分け離すこと/神仏にかけた願(がん)がかなったときに、そのお礼参りをすること」の意味として用いられています。

     

     

    解くを「ほどく」と読むと上記のような意味になりますが、「とく」と読むと下記のような意味となります。

    1. 絡まったり、結んだり、縛ったりしてあるものを緩めて分け離すこと
    2. 縫い合わせてあるものの糸を抜き取って離すこと。また、編んであるものを分け離すこと
    3. 着ていたもの、身に取り付けたものを外すこと
    4. 禁止・制限・束縛を除いて自由にすること
    5. 約束・契約などを取りやめにすること
    6. 警備などのために固めていた態勢を崩すこと
    7. 任務・職務などをやめさせること
    8. こわばった感情や緊張状態をほぐすこと
    9. 問題や謎の答えを出すこと
    10. 疑いなどを晴らすこと

     

    このように解くは「ほどく」「とく」のどちらで読むかによって、意味が異なるので覚えておきましょう。

     

     

     

    解くを用いた例文としては、「規制を解(と)く」や、
    「緊張を解(と)く」のような使い方で用いられています。

     

    前者の例文は「禁止・制限・束縛を除いて自由にすること」の意味で、
    後者の例文は「こわばった感情や緊張状態をほぐすこと」の意味で使用しています。

     

     

    以上が「解くの読み方と意味、”ほどく”と”とく”正しいのは?」でした。

     

     

    3.まとめ

    これまで説明したことをまとめますと、

    • 解くの正しい読み方は「ほどく」「とく」の両方。
    • 解く(ほどく)は「結んだもの、もつれたものを分け離すこと/神仏にかけた願がかなったときに、そのお礼参りをすること」の意味。

    <解く(とく)の意味>

    1. 絡まったり、結んだり、縛ったりしてあるものを緩めて分け離すこと
    2. 縫い合わせてあるものの糸を抜き取って離すこと。また、編んであるものを分け離すこと
    3. 着ていたもの、身に取り付けたものを外すこと
    4. 禁止・制限・束縛を除いて自由にすること
    5. 約束・契約などを取りやめにすること
    6. 警備などのために固めていた態勢を崩すこと
    7. 任務・職務などをやめさせること
    8. こわばった感情や緊張状態をほぐすこと
    9. 問題や謎の答えを出すこと
    10. 疑いなどを晴らすこと

     

     

    関連ページ