塞ぐの読み方と意味、「ふさぐ」と「ふせぐ」正しいのは?

  • ギモン雑学 TOP
  • 賢くなるための知恵
  • カテゴリー
  •  

     

    さて日常的に使われるもので「塞ぐ」という言葉があります。

     

    この塞ぐに用いられている漢字自体はさほど難しくないですが、
    塞ぐがどの読み方なのか悩んだことがあるという人も多いですよね。

     

    そこでこのページでは塞ぐの読み方と意味、「ふさぐ」と「ふせぐ」どちらが正しいのかを解説します。

     

    どうぞご覧ください。

     

     

     

    1.塞ぐの正しい読み方は「ふさぐ」「ふせぐ」?

     

    では塞ぐの正しい読み方は、「ふさぐ」「ふせぐ」どちらなのかを見ていきましょう。

     

    結論から言ってしまうと、塞ぐの正しい読み方は「ふさぐ」になります

     

    塞ぐの”塞”は「ふさ(ぐ)」「そく」「さい」と読むことはできますが、
    「ふせ(ぐ)」と読むことはできないので、塞ぐを「ふせぐ」と読むのは間違いです。

     

     

    「ふせぐ」というのは、”防ぐ”と書き表されるため注意が必要です。

     

     

    次の章で塞ぐの意味と類義語について解説していきます。

     

    2.塞ぐの意味と類義語について

     

    では塞ぐの意味と類義語について見ていきましょう。

     

    まず塞ぐの意味は下記のとおりです。

    1. 通り抜けられる所に何かを置くなどして通れなくすること
    2. あいている箇所に物を詰めたり、覆ったりして隙間(すきま)や穴をなくすこと
    3. 耳・目・口などを手で押さえて覆うこと。また、目・口を閉じること
    4. その場を占領して、他に使えないようにすること
    5. 気分が優れず、憂鬱(ゆううつ)な気持ちになること
    6. 役目・責任を果たすこと

     

     

    塞ぐを用いた例文としては、「座席を荷物で塞ぐ」や、
    「今は気分が塞いでいる」のような使い方で用いられています。

     

    前者の例文は「その場を占領して、他に使えないようにすること」の意味で、後者の例文は「気分が優れず、憂鬱な気持ちになること」の意味で使用しています。

     

     

     

    また塞ぐの類義語としては、「被覆(ひふく)・閉鎖(へいさ)・覆う(おおう)・隠す(かくす)」などの言葉が挙げられます

     

    どの言葉についても塞ぐと意味は似ていますが、まったく同じ意味ではないので注意してください。

     

     

    以上が「塞ぐの読み方と意味、”ふさぐ”と”ふせぐ”正しいのは?」でした。

     

     

    3.まとめ

    これまで説明したことをまとめますと、

    • 塞ぐの正しい読み方は「ふさぐ」で、「ふせぐ」は間違い。
    • 塞ぐの類義語には、「被覆・閉鎖・覆う・隠す」などがある。

    <塞ぐの意味>

    1. 通り抜けられる所に何かを置くなどして通れなくすること
    2. あいている箇所に物を詰めたり、覆ったりして隙間や穴をなくすこと
    3. 耳・目・口などを手で押さえて覆うこと。また、目・口を閉じること
    4. その場を占領して、他に使えないようにすること
    5. 気分が優れず、憂鬱な気持ちになること
    6. 役目・責任を果たすこと

     

     

    関連ページ