貴ぶの読み方と意味、「たっとぶ」と「とうとぶ」正しいのは?

  • ギモン雑学 TOP
  • 賢くなるための知恵
  • カテゴリー
  •  

     

    さて日常的に使われるもので「貴ぶ」という言葉があります。

     

    この貴ぶに用いられている漢字自体はさほど難しくないですが、
    貴ぶがどの読み方なのか悩んだことがあるという人も多いですよね。

     

    そこでこのページでは貴ぶの読み方と意味、「たっとぶ」と「とうとぶ」どちらが正しいのかを解説します。

     

    どうぞご覧ください。

     

     

     

    1.貴ぶの正しい読み方は「たっとぶ」「とうとぶ」?

     

    では貴ぶの正しい読み方は、「たっとぶ」「とうとぶ」どちらなのかを見ていきましょう。

     

    結論から言ってしまうと、貴ぶの正しい読み方は「たっとぶ」「とうとぶ」の両方になります

     

    貴ぶの”貴”は「たっと(ぶ)」「とうと(ぶ)」「き」と読むことができます。

     

     

    ただ一般的には貴ぶは「とうとぶ」と読むことが多いです。

     

     

    次の章で貴ぶの意味と類義語について解説していきます。

     

    2.貴ぶの意味と類義語について

     

    では貴ぶの意味と類義語について見ていきましょう。

     

    まず貴ぶは「大切に扱うこと。重んずること」の意味として用いられています。

     

     

    「たっとぶ」「とうとぶ」は”貴ぶ”の他にも”尊ぶ・尚ぶ”と書き表されますが、
    一般的には”尚ぶ”が使われることはほとんどなく、”貴ぶ・尊ぶ”が用いられます

     

     

    そして”貴ぶ・尊ぶ・尚ぶ”はどれも読み方は同じですが、意味合いが少し異なります。

     

    どれも「大切に扱うこと。重んずること」という意味であるのは同じですが、
    貴ぶは”貴重”、尊ぶは”尊敬”、尚ぶは”高尚(こうしょう)”の意味合いが強いです。

     

    (高尚というのは、”程度が高く、上品なこと。気高くて立派なこと”)

     

    このようにそれぞれの言葉の意味合いが異なるためしっかりと覚えておきましょう。

     

     

     

    貴ぶを用いた例文としては、「侍は命よりも名を貴ぶ」や、
    「我が国では学問を貴ぶ」のような使い方で用いられています。

     

    つまり前者の例文は”侍は命よりも名を(貴重なものとして)重んじている”、
    後者の例文は”学問を(貴重なものとして)重んじている”という意味になります。

     

     

     

    また貴ぶの類義語としては、「敬意(けいい)・尊重(そんちょう)・畏敬(いけい)・敬服(けいふく)」などの言葉が挙げられます

     

    どの言葉についても貴ぶと意味は似ていますが、まったく同じ意味ではないので注意してください。

     

     

    以上が「貴ぶの読み方と意味、”たっとぶ”と”とうとぶ”正しいのは?」でした。

     

     

    3.まとめ

    これまで説明したことをまとめますと、

    • 貴ぶの正しい読み方は「たっとぶ」「とうとぶ」の両方。
    • 貴ぶは「(貴重)大切に扱うこと。重んずること」の意味。
    • 尊ぶは「(尊敬)大切に扱うこと。重んずること」の意味。
    • 尚ぶは「(高尚)大切に扱うこと。重んずること」の意味。
    • 貴ぶの類義語には、「敬意・尊重・畏敬・敬服」などがある。

     

     

    関連ページ