留まるの読み方と意味、「とまる」と「とどまる」正しいのは?

  • ギモン雑学 TOP
  • 賢くなるための知恵
  • カテゴリー
  •  

     

    さて日常的に使われるもので「留まる」という言葉があります。

     

    この留まるに用いられている漢字自体はさほど難しくないですが、
    留まるがどの読み方なのか悩んだことがあるという人も多いですよね。

     

    そこでこのページでは留まるの読み方と意味、「とまる」と「とどまる」どちらが正しいのかを解説します。

     

    どうぞご覧ください。

     

     

     

    1.留まるの正しい読み方は「とまる」「とどまる」?

     

    では留まるの正しい読み方は、「とまる」「とどまる」どちらなのかを見ていきましょう。

     

    結論から言ってしまうと、留まるの正しい読み方は「とまる」「とどまる」の両方になります

     

    留まるの”留”は「と(まる)」「とど(まる)」「りゅう」「る」と読むことができます。

     

     

    ただ留まるは「とまる」「とどまる」のどちらで読むかによって、意味が異なるので注意が必要です。

     

     

    次の章で留まるの意味について解説していきます。

     

    2.留まるの意味について

     

    では留まるの意味について見ていきましょう。

     

    まず留まる(とまる)は「動かないように固定すること/注目される。印象に残ること/(鳥・虫などが)ものに掴まってじっとすること/ある態度をとること」の意味として用いられています。

     

     

    留まる(とまる)を用いた例文としては、「ふと目に留まる」や、
    「お高く留まっている」のような使い方で用いられています。

     

    前者の例文は「注目される。印象に残ること」の意味で、
    後者の例文は「ある態度をとること」の意味で使用しています。

     

     

     

    留まるを「とまる」と読むと上記のような意味になりますが、「とどまる」と読むと下記のような意味となります。

    1. 同じ場所・同じ地位にそのまま動かないでいること
    2. 滞在すること
    3. 行かないで、あとに残ること
    4. その範囲・限度を超えないでいること

     

    留まる(とどまる)を用いた例文としては、「現職に留まる」や、
    「損害はそれだけに留まらなかった」のような使い方で用いられています。

     

    前者の例文は「同じ場所・同じ地位にそのまま動かないでいること」の意味で、後者の例文は「その範囲・限度を超えないでいること」の意味で使用しています。

     

     

    このように留まるは「とまる」「とどまる」のどちらで読むかによって、意味が異なるので覚えておきましょう。

     

     

    以上が「留まるの読み方と意味、”とまる”と”とどまる”正しいのは?」でした。

     

     

    3.まとめ

    これまで説明したことをまとめますと、

    • 留まるの正しい読み方は「とまる」「とどまる」の両方。
    • 留まる(とまる)は「動かないように固定すること/注目される。印象に残ること/(鳥・虫などが)ものに掴まってじっとすること/ある態度をとること」の意味。

    <留まる(とどまる)の意味>

    1. 同じ場所・同じ地位にそのまま動かないでいること
    2. 滞在すること
    3. 行かないで、あとに残ること
    4. その範囲・限度を超えないでいること

     

     

    関連ページ