酒気帯びの読み方と意味、「しきおび」と「しゅきおび」正しいのは?

  • ギモン雑学 TOP
  • 賢くなるための知恵
  • カテゴリー
  •  

     

    さて日常的に使われるもので「酒気帯び」という言葉があります。

     

    この酒気帯びに用いられている漢字自体はさほど難しくないですが、
    酒気帯びがどの読み方なのか悩んだことがあるという人も多いですよね。

     

    そこでこのページでは酒気帯びの読み方と意味、「しきおび」と「しゅきおび」どちらが正しいのかを解説します。

     

    どうぞご覧ください。

     

     

     

    1.酒気帯びの正しい読み方は「しきおび」「しゅきおび」?

     

    では酒気帯びの正しい読み方は、「しきおび」「しゅきおび」どちらなのかを見ていきましょう。

     

    結論から言ってしまうと、酒気帯びの正しい読み方は「しゅきおび」になります

     

    酒気帯びの”酒”は「さけ」「しゅ」、”帯”は「おび」「お(びる)」「たい」と読むことはできますが、”酒”を「し」と読むことはできません。

     

     

    酒気帯びは発音すると「しきおび」に聞こえることもありますが、
    「しゅきおび」と読むのが正しく、「しきおび」と読むのは間違いなので注意が必要です。

     

     

    次の章で酒気帯びの意味と類義語について解説していきます。

     

    2.酒気帯びの意味と類義語について

     

    では酒気帯びの意味と類義語について見ていきましょう。

     

    まず酒気帯びは「酒気(しゅき)を帯びている状態のこと。酔っていて息が酒臭いさま」の意味として用いられています。

     

    酒気というのは、”酒のにおい。酒の酔いのこと”を意味します。

     

     

     

    ”酒気帯び”という言葉は、一般的には”酒気帯び運転(しゅきおびうんてん)”という形で使われることがほとんどです。

     

    酒気帯び運転は、”呼気中のアルコール濃度が一定量を超えた状態で車両を運転すること”で、道路交通法で禁止されている行為です。

     

    なのでお酒を少しでも飲んだら運転はやめるようにしましょう。

     

     

     

    また酒気帯びの類義語としては、「泥酔(でいすい)・酩酊(めいてい)・悪酔い(わるよい)・ほろ酔い」などの言葉が挙げられます

     

    どの言葉についても酒気帯びと意味は似ていますが、まったく同じ意味ではないので注意してください。

     

     

    以上が「酒気帯びの読み方と意味、”しきおび”と”しゅきおび”正しいのは?」でした。

     

     

    3.まとめ