汚すの読み方と意味、「けがす」と「よごす」正しいのは?

  • ギモン雑学 TOP
  • 賢くなるための知恵
  • カテゴリー
  •  

     

    さて日常的に使われるもので「汚す」という言葉があります。

     

    この汚すに用いられている漢字自体はさほど難しくないですが、
    汚すがどの読み方なのか悩んだことがあるという人も多いですよね。

     

    そこでこのページでは汚すの読み方と意味、「けがす」と「よごす」どちらが正しいのかを解説します。

     

    どうぞご覧ください。

     

     

     

    1.汚すの正しい読み方は「けがす」「よごす」?

     

    では汚すの正しい読み方は、「けがす」「よごす」どちらなのかを見ていきましょう。

     

    結論から言ってしまうと、汚すの正しい読み方は「けがす」「よごす」の両方になります

     

    汚すの”汚”は「きたな(い)」「よご(す)」「けが(す)」「お」と読むことができます。

     

     

     

    一般的には汚すは「よごす」と読むことがほとんどで、「けがす」は”穢す”と書き表されることが多いです。

     

    ただ汚すは「けがす」「よごす」のどちらで読むかによって、意味が異なるので注意が必要です。

     

     

    次の章で汚すの意味と類義語について解説していきます。

     

    2.汚すの意味と類義語について

     

    では汚すの意味と類義語について見ていきましょう。

     

    まず汚す(けがす)の意味は下記のとおりです。

    1. 美しいもの、清らかなものを汚(きたな)くすること
    2. 恥ずべき行為などをして名誉・誇りを傷つけること
    3. 自分がある地位や席につくことを謙遜(けんそん)していう語のこと
    4. 女性の貞操(ていそう)を傷つけること

     

    汚すを「けがす」と読むと上記のような意味になりますが、「よごす」と読むと「汚くすること/不正なこと・好ましくないことをすること/野菜などを味噌(みそ)・胡麻(ごま)などで和(あ)えること」の意味となります

     

    このように汚すは「けがす」「よごす」のどちらで読むかによって、意味が異なるので覚えておきましょう。

     

     

     

    汚すを用いた例文としては、「家名を汚(けが)す」や、
    「末席を汚(けが)す」のような使い方で用いられています。

     

    前者の例文は「恥ずべき行為などをして名誉・誇りを傷つけること」の意味で、後者の例文は「自分がある地位や席につくことを謙遜していう語のこと」の意味で使用しています。

     

     

     

    また汚すの類義語としては、「汚染(おせん)・侮辱(ぶじょく)・醜聞(しゅうぶん)・冒涜(ぼうとく)」などの言葉が挙げられます

     

    どの言葉についても汚すと意味は似ていますが、まったく同じ意味ではないので注意してください。

     

     

    以上が「汚すの読み方と意味、”けがす”と”よごす”正しいのは?」でした。

     

     

    3.まとめ

    これまで説明したことをまとめますと、

    • 汚すの正しい読み方は「けがす」「よごす」の両方。
    • 汚すの類義語には、「汚染・侮辱・醜聞・冒涜」などがある。
    • 汚す(よごす)は「汚くすること/不正なこと・好ましくないことをすること/野菜などを味噌・胡麻などで和えること」の意味。

    <汚す(けがす)の意味>

    1. 美しいもの、清らかなものを汚くすること
    2. 恥ずべき行為などをして名誉・誇りを傷つけること
    3. 自分がある地位や席につくことを謙遜していう語のこと
    4. 女性の貞操(ていそう)を傷つけること

     

     

    関連ページ