弛むの読み方と意味、「たるむ」と「ゆるむ」正しいのは?

  • ギモン雑学 TOP
  • 賢くなるための知恵
  • カテゴリー
  •  

     

    さて日常的に使われるもので「弛む」という言葉があります。

     

    この弛むに使用されている漢字は普段あまり見ることはなく、
    どのような読み方なのか分からないという人も多いですよね。

     

    そこでこのページでは弛むの読み方と意味、「たるむ」と「ゆるむ」どちらが正しいのかを解説します。

     

    どうぞご覧ください。

     

     

     

    1.弛むの正しい読み方は「たるむ」「ゆるむ」?

     

    では弛むの正しい読み方は、「たるむ」「ゆるむ」どちらなのかを見ていきましょう。

     

    結論から言ってしまうと、弛むの正しい読み方は「たるむ」「たゆむ」「ゆるむ」になります

     

    弛むの”弛”は「たる(む)」「たゆ(む)」「ゆる(む)」「し」と読むことができます。

     

     

     

    一般的には弛むは「たるむ」と読むことが多く、「ゆるむ」は”緩む”と書き表されることがほとんどです。

     

    ただ弛むは「たるむ」「たゆむ」「ゆるむ」のどれで読むかによって、意味が異なるので注意が必要です。

     

     

    次の章で弛むの意味と類義語について解説していきます。

     

    2.弛むの意味と類義語について

     

    では弛むの意味と類義語について見ていきましょう。

     

    まず弛む(ゆるむ)の意味は下記のとおりです。

    1. (ロープなど)ピンと張っていたものがたるむこと
    2. (ネジなど)締め具合が弱くなること
    3. 緊張がとけること。油断すること
    4. 厳しかった状態・程度が緩(ゆる)やかになること
    5. 固いものがやわらかくなること
    6. 速度などが減少すること
    7. 安定していた相場が少し下がること

     

     

    弛むを「ゆるむ」と読むと上記のような意味になりますが、
    「たるむ」「たゆむ」と読むとそれぞれ下記のような意味となります。

     

    弛むを「たるむ」と読むと「(ロープなど)ピンと張っていたものがゆるむこと/緊張感が薄れること」、「たゆむ」と読むと「(打消しの語を伴う)緊張がゆるむこと。油断すること」の意味となります

     

    このように弛むは「たるむ」「たゆむ」「ゆるむ」のどれで読むかによって、意味が異なるので覚えておきましょう。

     

     

     

    弛むを用いた例文としては、「弛(たる)んだ精神を鍛え直す」や、
    「弛(たゆ)まぬ努力の成果だ」のような使い方で用いられています。

     

    前者の例文は「緊張感が薄れること」の意味で、後者の例文は「(打消しの語を伴う)緊張がゆるむこと。油断すること」の意味で使用しています。

     

     

     

    また弛むの類義語としては、「弛緩(しかん)・怠惰(たいだ)・油断(ゆだん)・怠る(おこたる)」などの言葉が挙げられます

     

    どの言葉についても弛むと意味は似ていますが、まったく同じ意味ではないので注意してください。

     

     

    以上が「弛むの読み方と意味、”たるむ”と”ゆるむ”正しいのは?」でした。

     

     

    3.まとめ

    これまで説明したことをまとめますと、

    • 弛むの正しい読み方は「たるむ」「たゆむ」「ゆるむ」。
    • 弛むの類義語には、「弛緩・怠惰・油断・怠る」などがある。
    • 弛む(たるむ)は「(ロープなど)ピンと張っていたものがゆるむこと/緊張感が薄れること」の意味。
    • 弛む(たゆむ)は「(打消しの語を伴う)緊張がゆるむこと。油断すること」の意味。

    <弛む(ゆるむ)の意味>

    1. (ロープなど)ピンと張っていたものがたるむこと
    2. (ネジなど)締め具合が弱くなること
    3. 緊張がとけること。油断すること
    4. 厳しかった状態・程度が緩やかになること
    5. 固いものがやわらかくなること
    6. 速度などが減少すること
    7. 安定していた相場が少し下がること

     

     

    関連ページ