さて日常的に使われるもので「冴える」という言葉があります。

 

この冴えるに使用されている漢字は普段あまり見ることはなく、
どのような読み方なのか分からないという人も多いですよね。

 

そこでこのページでは冴えるの読み方と意味、「さえる」と「こえる」どちらが正しいのかを解説します。

 

どうぞご覧ください。

 

 

 

1.冴えるの正しい読み方は「さえる」「こえる」?

 

では冴えるの正しい読み方は、「さえる」「こえる」どちらなのかを見ていきましょう。

 

結論から言ってしまうと、冴えるの正しい読み方は「さえる」になります

 

 

冴えるの”冴”は「さ(える)」「ご」と読むことはできますが、
「こ(える)」と読むことはできないので、冴えるを「こえる」と読むのは間違いです

 

 

次の章で冴えるの意味と類義語について解説していきます。

 

2.冴えるの意味と類義語について

 

では冴えるの意味と類義語について見ていきましょう。

 

まず冴えるの意味は下記のとおりです。

  1. しんしんと冷え込むこと
  2. 光・音・色などが澄みきって鮮明になること
  3. 腕前・技術などが鮮やかであること
  4. 頭の働きや体の調子などがはっきりすること
  5. どことなく物足りないこと。パッとしないこと

 

 

冴えるを用いた例文としては、「いつもより頭が冴える」や、
「冴えない格好をしている」のような使い方で用いられています。

 

前者の例文は「頭の働きや体の調子などがはっきりすること」の意味で、後者の例文は「どことなく物足りないこと」の意味で使用しています。

 

 

 

また冴えるの類義語としては、「鮮明(せんめい)・明瞭(めいりょう)・明朗(めいろう)・明晰(めいせき)」などの言葉が挙げられます

 

どの言葉についても冴えると意味は似ていますが、まったく同じ意味ではないので注意してください。

 

 

以上が「冴えるの読み方と意味、”さえる”と”こえる”正しいのは?」でした。

 

 

3.まとめ

これまで説明したことをまとめますと、

  • 冴えるの正しい読み方は「さえる」で、「こえる」は間違い。
  • 冴えるの類義語には、「鮮明・明瞭・明朗・明晰」などがある。

<冴えるの意味>

  1. しんしんと冷え込むこと
  2. 光・音・色などが澄みきって鮮明になること
  3. 腕前・技術などが鮮やかであること
  4. 頭の働きや体の調子などがはっきりすること
  5. どことなく物足りないこと。パッとしないこと

 

 

関連ページ