篤いの読み方と意味、「あつい」と「とくい」正しいのは?

  • ギモン雑学 TOP
  • 賢くなるための知恵
  • カテゴリー
  •  

     

    さて日常的に使われるもので「篤い」という言葉があります。

     

    この篤いに使用されている漢字は普段あまり見ることはなく、
    どのような読み方なのか分からないという人も多いですよね。

     

    そこでこのページでは篤いの読み方と意味、「あつい」と「とくい」どちらが正しいのかを解説します。

     

    どうぞご覧ください。

     

    スポンサーリンク

     

     

    1.篤いの正しい読み方は「あつい」「とくい」?

     

    では篤いの正しい読み方は、「あつい」「とくい」どちらなのかを見ていきましょう。

     

    結論から言ってしまうと、篤いの正しい読み方は「あつい」になります

     

     

    篤いの”篤”は「あつ(い)」「とく」と読むことができますが、
    篤いは「あつい」と読むのが正しく、「とくい」と読むのは間違いです

     

     

    次の章で篤いの意味と類義語について解説していきます。

     

    2.篤いの意味と類義語について

     

    では篤いの意味と類義語について見ていきましょう。

     

    まず篤いは「労(いたわ)りの心が強いこと/病気が重いこと。容体が悪いこと」の意味として用いられています。

     

    労わりというのは、”相手の苦労や努力に同情して、温かく接したり大事に扱ったりすること”を意味します。

     

     

     

    篤いを用いた例文としては、「彼は情に篤い人だ」や、
    「病が篤いことは知らなかった」のような使い方で用いられています。

     

    前者の例文は「労りの心が強いこと」の意味で、
    後者の例文は「病気が重いこと。容体が悪いこと」の意味で使用しています。

     

    「労りの心が強いこと」の場合は、”篤い”だけでなく”厚い”と書き表されることもあります。

     

     

     

    また篤いの類義語としては、「重患(じゅうかん)・重篤(じゅうとく)・危篤(きとく)・重症(じゅうしょう)」などの言葉が挙げられます

     

    どの言葉についても篤いと意味は似ていますが、まったく同じ意味ではないので注意してください。

     

     

    以上が「篤いの読み方と意味、”あつい”と”とくい”正しいのは?」でした。

     

    スポンサーリンク

     

    3.まとめ