矯めるの読み方と意味、「ためる」と「きょうめる」正しいのは?

  • ギモン雑学 TOP
  • 賢くなるための知恵
  • カテゴリー
  •  

     

    さて日常的に使われるもので「矯める」という言葉があります。

     

    この矯めるに使用されている漢字は普段あまり見ることはなく、
    どのような読み方なのか分からないという人も多いですよね。

     

    そこでこのページでは矯めるの読み方と意味、「ためる」と「きょうめる」どちらが正しいのかを解説します。

     

    どうぞご覧ください。

     

    スポンサーリンク

     

     

    1.矯めるの正しい読み方は「ためる」「きょうめる」?

     

    では矯めるの正しい読み方は、「ためる」「きょうめる」どちらなのかを見ていきましょう。

     

    結論から言ってしまうと、矯めるの正しい読み方は「ためる」になります

     

     

    矯めるの”矯”は「た(める)」「きょう」と読むことができますが、
    矯めるは「ためる」と読むのが正しく、「きょうめる」と読むのは間違いです

     

     

    次の章で矯めるの意味について解説していきます。

     

    2.矯めるの意味について

     

    では矯めるの意味について見ていきましょう。

     

    まず矯めるの意味は下記のとおりです。

    1. 曲げたりまっすぐにしたりして目的の形に整えること
    2. 悪い性質・習慣・癖(くせ)を改めること。矯正(きょうせい)すること
    3. 事実を故意に曲げること
    4. (弓・鉄砲などで)狙いをつけること

     

     

    矯めるを用いた例文としては、「矯めて枝ぶりを良くする」や、
    「彼に事実を矯めて伝える」のような使い方で用いられています。

     

    前者の例文は「曲げたりまっすぐにしたりして目的の形に整えること」の意味で、後者の例文は「事実を故意に曲げること」の意味で使用しています。

     

     

    以上が「矯めるの読み方と意味、”ためる”と”きょうめる”正しいのは?」でした。

     

    スポンサーリンク

     

    3.まとめ

    これまで説明したことをまとめますと、

    • 矯めるの正しい読み方は「ためる」で、「きょうめる」は間違い。

    <矯めるの意味>

    1. 曲げたりまっすぐにしたりして目的の形に整えること
    2. 悪い性質・習慣・癖を改めること。矯正すること
    3. 事実を故意に曲げること
    4. (弓・鉄砲などで)狙いをつけること

     

    こちらもお勧め!

     

    関連ページ