拵えるの読み方と意味、「わきまえる」と「こしらえる」正しいのは?

  • ギモン雑学 TOP
  • 賢くなるための知恵
  • カテゴリー
  •  

     

    さて日常的に使われるもので「拵える」という言葉があります。

     

    この拵えるに使用されている漢字は普段あまり見ることはなく、
    どのような読み方なのか分からないという人も多いですよね。

     

    そこでこのページでは拵えるの読み方と意味、「わきまえる」と「こしらえる」どちらが正しいのかを解説します。

     

    どうぞご覧ください。

     

     

     

    1.拵えるの正しい読み方は「わきまえる」「こしらえる」?

     

    では拵えるの正しい読み方は、「わきまえる」「こしらえる」どちらなのかを見ていきましょう。

     

    結論から言ってしまうと、拵えるの正しい読み方は「こしらえる」「こさえる」になります

     

    拵えるの”拵”は「こしら(える)」「そん」と読むことはできますが、
    「わきま(える)」と読むことはできないので、拵えるを「わきまえる」と読むのは間違いです。

     

     

    「わきまえる」というのは、”弁える”と書き表されるため注意が必要です。

     

     

    ただ一般的には拵えるは「こしらえる」と読むことが多いです。

     

     

     

    また拵えるの”拵”という字は単体で「こさ(える)」と読むことはできませんが、
    日本語における音変化によって「こしらえる」から「こさえる」という読み方に変化しました。

     

    簡単に言うと、”発音しにくい音を発音しやすい音に変化させたもの”です。

     

    この音変化により、拵えるは通常では読むことができない「こさえる」という読み方になったんですね。

     

     

    次の章で拵えるの意味と類義語について解説していきます。

     

    2.拵えるの意味と類義語について

     

    では拵えるの意味と類義語について見ていきましょう。

     

    まず拵えるの意味は下記のとおりです。

    1. 形のあるものを作り上げること
    2. 美しく飾ること
    3. 用意すること。準備すること
    4. 腹を満たすこと
    5. 工夫を巡(めぐ)らし、ないことをあるかのように見せかけること
    6. 友人・愛人などをつくること

     

     

    拵えるを用いた例文としては、「弁当を拵える」や、
    「話を拵える」のような使い方で用いられています。

     

    前者の例文は「形のあるものを作り上げること」の意味で、
    後者の例文は「工夫を巡らし、ないことをあるかのように見せかけること」の意味で使用しています。

     

     

     

    また拵えるの類義語としては、「制作(せいさく)・創造(そうぞう)・作成(さくせい)・作製(さくせい)」などの言葉が挙げられます

     

    どの言葉についても拵えると意味は似ていますが、まったく同じ意味ではないので注意してください。

     

     

    以上が「拵えるの読み方と意味、”わきまえる”と”こしらえる”正しいのは?」でした。

     

     

    3.まとめ

    これまで説明したことをまとめますと、

    • 拵えるの正しい読み方は「こしらえる」「こさえる」の両方で、「わきまえる」は間違い。
    • 拵えるの類義語には、「制作・創造・作成・作製」などがある。

    <拵えるの意味>

    1. 形のあるものを作り上げること
    2. 美しく飾ること
    3. 用意すること。準備すること
    4. 腹を満たすこと
    5. 工夫を巡らし、ないことをあるかのように見せかけること
    6. 友人・愛人などをつくること

     

     

    関連ページ