咽るの読み方と意味、「よる」と「むせる」正しいのは?

  • ギモン雑学 TOP
  • 賢くなるための知恵
  • カテゴリー
  •  

     

    さて日常的に使われるもので「咽る」という言葉があります。

     

    この咽るに使用されている漢字は普段あまり見ることはなく、
    どのような読み方なのか分からないという人も多いですよね。

     

    そこでこのページでは咽るの読み方と意味、「よる」と「むせる」どちらが正しいのかを解説します。

     

    どうぞご覧ください。

     

    スポンサーリンク

     

     

    1.咽るの正しい読み方は「よる」「むせる」?

     

    では咽るの正しい読み方は、「よる」「むせる」どちらなのかを見ていきましょう。

     

    結論から言ってしまうと、咽るの正しい読み方は「むせる」になります

     

    咽るの”咽”は「むせ(る)」「むせ(ぶ)」「いん」「えん」と読むことはできますが、「よ(る)」と読むことはできないので、咽るを「よる」と読むのは間違いです。

     

     

    「よる」というのは、”因る”などと書き表されるため注意が必要です。

     

     

     

    また「むせる」を咽るではなく、”噎せる・咽せる”と書き表すときもあります。

     

    ただ”噎”には「む(せる)」という読み方はありますが、”咽”には「むせ(る)」という読み方しか存在しません

     

    (いま現在では噎せる・咽る・咽せるのどの表記も正しいです)

     

     

     

    漢字の読み方には慣用読みというものがあり、簡単に言えば”誤読などにより本来の読み方とは異なる読み方が、広く用いられて定着した読み方のこと”です。

     

     

    つまり”間違えた読み方が一般的に定着したことにより、その間違えた読み方も正しい読み方ということにしよう”となったわけです。

     

    「むせる」もそれと同じように、元々”咽る”と書き表されていたものが、
    時間とともに”咽せる”が一般的に広く定着して、現在でも使われるようになったものだと考えられます。

     

     

    次の章で咽るの意味と類義語について解説していきます。

     

    2.咽るの意味と類義語について

     

    では咽るの意味と類義語について見ていきましょう。

     

    まず咽るは「飲食物や煙が気管に入るなどして、息苦しくなったり咳(せ)きこんだりすること」の意味として用いられています。

     

     

    咽るを用いた例文としては、「水を飲んで咽る」や、
    「煙を吸い込んでしまって咽た」のような使い方で用いられています。

     

     

     

    また咽るの類義語としては、「咳く(せく)・咳払い(せきばらい)・吃逆(しゃっくり)・くしゃみ」などの言葉が挙げられます

     

    どの言葉についても咽ると意味は似ていますが、まったく同じ意味ではないので注意してください。

     

     

    以上が「咽るの読み方と意味、”よる”と”むせる”正しいのは?」でした。

     

    スポンサーリンク

     

    3.まとめ