さて日常的に使われるもので「高嶺」という言葉があります。

 

この高嶺に使用されている漢字(特に”嶺”)は普段あまり見ることはなく、
どのような読み方なのか分からないという人も多いですよね。

 

そこでこのページでは高嶺の読み方と意味、「たかね」と「こうりょう」どちらが正しいのかを解説します。

 

どうぞご覧ください。

 

 

 

1.高嶺の正しい読み方は「たかね」「こうりょう」?

 

では高嶺の正しい読み方は、「たかね」「こうりょう」どちらなのかを見ていきましょう。

 

結論から言ってしまうと、高嶺の正しい読み方は「たかね」「こうれい」になります

 

高嶺の”嶺”は「みね」「りょう」「れい」と読むことができますが、
高嶺は「たかね」「こうれい」と読むのが正しく、「こうりょう」と読むのは間違いです。

 

 

 

ただ一般的には高嶺は「たかね」と読むことがほとんどです。

 

(名字の場合は、高嶺を「たかみね」と読むことはあります)

 

 

 

また高嶺の”嶺”の読み方は「みね」と読むことはできますが、それ単体では「ね」と読むことはできません。

 

高嶺のように「たかみね」ではなく、「たかね」と変化して読むのは、日本語の「音韻脱落(おんいんだつらく)」と呼ばれているものです

 

 

音韻脱落とは、”語を合成したときに、発音しやすくするため、元々あった音が一部なくなる現象のこと”を言います。

 

 

高嶺(=合成した後の語)であれば、合成する前は高(たか)[taka]+嶺(みね)[mine]で、そのまま合成すると高嶺(たかみね)[takamine]となりますが、音韻脱落により”mi”の音がなくなり高嶺(たかね)[takane]と変化します。

 

・高(たか)[taka] + 嶺(みね)[mine] → 高嶺(たかね)[takane]

 

 

 

例えば「読経(どきょう)」や「荒磯(ありそ)」は音韻脱落なしで読むと、
「どくきょう」や「あらいそ」と読むのが普通です。

 

・読(どく)[doku] + 経(きょう)[kyou] → 読経(どきょう)[dokyou]

 

・荒(あら)[ara] + 磯(いそ)[iso] → 荒磯(ありそ)[ariso]

 

(荒磯は一般的に「あらいそ」と読むことが多いですが、音韻脱落により「ありそ」と読むこともできます)

 

 

もともと”読”には「ど」という読み方はないですし、”荒”にも「あり」という読み方は存在しません

 

 

ですが日本語では音韻脱落によって元々あった音が一部なくなるため、
「読(ど)」「荒磯(ありそ)」と変化させて読んでいるのです。

 

ただすべての言葉が音韻脱落によって、元々あった音が一部なくなるわけではないので、注意してください。

 

 

次の章で高嶺の意味と類義語について解説していきます。

 

2.高嶺の意味と類義語について

 

では高嶺の意味と類義語について見ていきましょう。

 

まず高嶺は「高い山のこと」の意味として用いられています。

 

嶺(みね)というのは、”山の頂上のこと”を指しています。

 

 

 

「彼女は高嶺(たかね)の花だ」のようによく用いられますが、
これは”遠くからただ眺めるだけで、自分のものにすることができないたとえ”で使われます。

 

なので美しく魅力的な人やもの、価値の高いものなどについて言います。

 

 

 

また高嶺の類義語としては、「危峰(きほう)・名山(めいざん)・山岳(さんがく)・岱山(たいざん)」などの言葉が挙げられます

 

どの言葉についても高嶺と意味は似ていますが、まったく同じ意味ではないので注意してください。

 

 

以上が「高嶺の読み方と意味、”たかね”と”こうりょう”正しいのは?」でした。

 

 

3.まとめ

これまで説明したことをまとめますと、

  • 高嶺の正しい読み方は「たかね」「こうれい」の両方で、「こうりょう」は間違い。
  • 高嶺は「高い山のこと」の意味。
  • 高嶺の類義語には、「危峰・名山・山岳・岱山」などがある。

 

 

関連ページ