蓮根の読み方と意味、「れんこん」と「はすね」正しいのは?

  • ギモン雑学 TOP
  • 賢くなるための知恵
  • カテゴリー
  •  

     

    さて日常的に使われるもので「蓮根」という言葉があります。

     

    この蓮根に使用されている漢字(特に”蓮”)は普段あまり見ることはなく、
    どのような読み方なのか分からないという人も多いですよね。

     

    そこでこのページでは蓮根の読み方と意味、「れんこん」と「はすね」どちらが正しいのかを解説します。

     

    どうぞご覧ください。

     

    スポンサーリンク

     

     

    1.蓮根の正しい読み方は「れんこん」「はすね」?

     

    では蓮根の正しい読み方は、「れんこん」「はすね」どちらなのかを見ていきましょう。

     

    結論から言ってしまうと、蓮根の正しい読み方は「れんこん」「はすね」の両方になります

     

    蓮根の”蓮”は「はす」「れん」、”根”は「ね」「こん」と読むことができます。

     

     

    ただ一般的には蓮根は「れんこん」と読むことがほとんどです。

     

     

     

    また蓮根(れんこん)のように「蓮(れん)」が用いられている言葉には、
    「蓮華(れんげ)・睡蓮(すいれん)・白蓮(びゃくれん)・蓮台(れんだい)」などがあります。

     

    蓮根(れんこん)のように「根(こん)」が用いられている言葉には、
    「根性(こんじょう)・根源(こんげん)・根気(こんき)・球根(きゅうこん)」などがあります。

     

     

    次の章で蓮根の意味について解説していきます。

     

    2.蓮根の意味について

     

    では蓮根の意味について見ていきましょう。

     

    まず蓮根は「蓮(はす)の根のこと」の意味として用いられています。

     

    「はすね」というのは、「れんこん」の別名です。

     

     

    蓮(はす)というのは、”スイレン科の水生の多年草のこと”で、
    根茎は節が多く、秋の終わり頃に末端部が肥大し、一般的にはこれを蓮根と呼びます。

     


    ※上は蓮(はす)の写真

     

    蓮根の内部には穴がいくつもあいており、食用としています。

     

     

    以上が「蓮根の読み方と意味、”れんこん”と”はすね”正しいのは?」でした。

     

    スポンサーリンク

     

    3.まとめ