真鍮の読み方と意味、「しんゆ」と「しんちゅう」正しいのは?

  • ギモン雑学 TOP
  • 賢くなるための知恵
  • カテゴリー
  •  

     

    さて日常的に使われるもので「真鍮」という言葉があります。

     

    この真鍮に使用されている漢字(特に”鍮”)は普段あまり見ることはなく、
    どのような読み方なのか分からないという人も多いですよね。

     

    そこでこのページでは真鍮の読み方と意味、「しんゆ」と「しんちゅう」どちらが正しいのかを解説します。

     

    どうぞご覧ください。

     

    スポンサーリンク

     

     

    1.真鍮の正しい読み方は「しんゆ」「しんちゅう」?

     

    では真鍮の正しい読み方は、「しんゆ」「しんちゅう」どちらなのかを見ていきましょう。

     

    結論から言ってしまうと、真鍮の正しい読み方は「しんちゅう」になります

     

    真鍮の”鍮”という字は「ちゅう」「とう」と読むことはできますが、
    「ゆ」と読むことはできないので、真鍮を「しんゆ」と読むのは間違いです。

     

     

    真鍮の”鍮(ちゅう)”という字は、”愉(ゆ)”という字に少し似ているため注意が必要です。

     

     

     

    また真鍮(しんちゅう)のように「真(しん)」が用いられている言葉には、
    「真実(しんじつ)・真相(しんそう)・真空(しんくう)・迫真(はくしん)」などがあります。

     

    真鍮(しんちゅう)のように「鍮(ちゅう)」が用いられている言葉は、
    真鍮の他には「鍮石(ちゅうじゃく)」しか見つけることができませんでした。

     

     

    次の章で真鍮の意味と類義語について解説していきます。

     

    2.真鍮の意味と類義語について

     

    では真鍮の意味と類義語について見ていきましょう。

     

    まず真鍮は「亜鉛と銅を混ぜて作られる合金のこと」の意味として用いられています。

     

    見た目は黄色で、別名で”黄銅(おうどう)”と呼ばれ、五円玉の原料として知られています

     

     

    真鍮は”亜鉛35%+銅65%”の配分が一般的で、電気や熱が伝導しやすく、曲げる、伸ばす、削るなどの加工が比較的容易です。

     

     

     

    また真鍮の類義語としては、「青銅(せいどう)・赤銅(しゃくどう)・超合金(ちょうごうきん)・ステンレス」などの言葉が挙げられます

     

    どの言葉についても真鍮と意味は似ていますが、まったく同じ意味ではないので注意してください。

     

     

    以上が「真鍮の読み方と意味、”しんゆ”と”しんちゅう”正しいのは?」でした。

     

    スポンサーリンク

     

    3.まとめ