喪家の読み方と意味、「そうか」と「そうけ」正しいのは?

  • ギモン雑学 TOP
  • 賢くなるための知恵
  • カテゴリー
  •  

     

    さて日常的に使われるもので「喪家」という言葉があります。

     

    この喪家に用いられている漢字自体はさほど難しくないですが、
    喪家がどの読み方なのか悩んだことがあるという人も多いですよね。

     

    そこでこのページでは喪家の読み方と意味、「そうか」と「そうけ」どちらが正しいのかを解説します。

     

    どうぞご覧ください。

     

    スポンサーリンク

     

     

    1.喪家の正しい読み方は「そうか」「そうけ」?

     

    では喪家の正しい読み方は、「そうか」「そうけ」どちらなのかを見ていきましょう。

     

    結論から言ってしまうと、喪家の正しい読み方は「そうか」「そうけ」「もけ」になります

     

    喪家の”喪”という字は「うしな(う)」「そう」「も」、”家”という字は「いえ」「か」「け」読むことができます。

     

     

    ただ一般的には喪家は「そうか」と読むことがほとんどです。

     

    「もけ」という読み方は、主に西日本で多く使われる傾向があります。

     

     

     

    また喪家(そうか)のように「喪(そう)」が用いられている言葉には、
    「喪失(そうしつ)・喪亡(そうぼう)・大喪(たいそう)・阻喪(そそう)」などがあります。

     

    喪家(そうか)のように「家(か)」が用いられている言葉には、
    「生家(せいか)・家屋(かおく)・家訓(かくん)・家系(かけい)」などがあります。

     

     

    次の章で喪家の意味について解説していきます。

     

    2.喪家の意味について

     

    では喪家の意味について見ていきましょう。

     

    まず喪家は「喪中(もちゅう)の家のこと」の意味として用いられています。

     

    喪中というのは、”故人の死を悼(いた)む期間のこと”です。

     

     

    一般的に喪中のときは、祝いごとを避けるべきと考えられており、
    配偶者・父母であれば12〜13ヶ月、子供であれば3〜12ヶ月、兄弟姉妹であれば3〜6ヶ月が目安とされています。

     

     

    以上が「喪家の読み方と意味、”そうか”と”そうけ”正しいのは?」でした。

     

    スポンサーリンク

     

    3.まとめ

    これまで説明したことをまとめますと、

    • 喪家の正しい読み方は「そうか」「そうけ」「もけ」。
    • 喪家は「喪中の家のこと」の意味。

     

     このエントリーをはてなブックマークに追加 

     

    こちらもお勧め!

     

    関連ページ