地頭の読み方と意味、「じとう」と「じあたま」正しいのは?

  • ギモン雑学 TOP
  • 賢くなるための知恵
  • カテゴリー
  •  

     

    さて日常的に使われるもので「地頭」という言葉があります。

     

    この地頭に用いられている漢字自体はさほど難しくないですが、
    地頭がどの読み方なのか悩んだことがあるという人も多いですよね。

     

    そこでこのページでは地頭の読み方と意味、「じとう」と「じあたま」どちらが正しいのかを解説します。

     

    どうぞご覧ください。

     

    スポンサーリンク

     

     

    1.地頭の正しい読み方は「じとう」「じあたま」?

     

    では地頭の正しい読み方は、「じとう」「じあたま」どちらなのかを見ていきましょう。

     

    結論から言ってしまうと、地頭の正しい読み方は「じとう」「じあたま」「じがしら」になります

     

    地頭の”地”という字は「ち」「じ」、”頭”という字は「あたま」「かしら」「とう」と読むことができます。

     

     

    ただ地頭は「じとう」「じあたま」「じがしら」のどれで読むかによって、意味が異なるので注意が必要です。

     

    (次の章でそれぞれ意味について解説していきます)

     

     

     

    また”頭”の読み方は「かしら」と読むことはできますが、
    もともとそれ単体では「がしら」という読み方をすることはできません。

     

    地頭のように「じかしら」ではなく、「じがしら」と濁って読むのは、日本語の「連濁(れんだく)」と呼ばれているものです

     

     

    連濁とは、”2つの語が結びついて1つの語になるときに、発音しやすくするために、後ろの語の語頭が清音から濁音に変化する現象のこと”を言います。

     

    地頭であれば、地(じ)+頭(かしら)なので、頭(後ろの語)の語頭である清音の”か”が濁音の”が”に変化します。

     

     

     

    例えば「手紙(てがみ)」や「綿毛(わたげ)」は連濁なしで読むと、
    「てかみ」や「わたけ」と読むのが普通です。

     

    もともと”紙”には「がみ」という読み方はないですし、”毛”にも「げ」という読み方は存在しません

     

     

    ですが日本語では連濁によって後ろの語頭が清音から濁音に変わるため、
    「手紙(てがみ)」「綿毛(わたげ)」と濁らせて読んでいるのです。

     

    ただすべての言葉が連濁によって濁音に変化するわけではないので、注意してください。

     

     

    次の章で地頭の意味について解説していきます。

     

    2.地頭の意味について

     

    では地頭の意味について見ていきましょう。

     

    まず地頭(じとう)は「平安時代、荘園(しょうえん)の領主が土地管理のために置いた荘官(しょうかん)の名称のひとつ/鎌倉幕府で、荘園・公領の管理と租税の徴収・治安維持にあたった職のこと」の意味として用いられています。

     

     

     

    地頭を「じとう」と読むと上記のような意味になりますが、
    「じあたま」「じがしら」と読むとそれぞれ下記のような意味となります。

     

    地頭を「じあたま」と読むと「その人本来の頭の良さ/かつらなどを被らない、そのままの髪の頭」、「じがしら」と読むと「能で、地謡(じうたい)の統率者/能の大鼓・小鼓の特殊な手配りの名称」の意味になります

     

     

    地頭(じあたま)というのは、”一般的に知識の量ではなく、論理的思考力やコミュニケーション能力など”を言います。

     

    このように地頭は「じとう」「じあたま」「じがしら」のどれで読むかによって、意味が異なるので覚えておきましょう。

     

     

    以上が「地頭の読み方と意味、”じとう”と”じあたま”正しいのは?」でした。

     

    スポンサーリンク

     

    3.まとめ

    これまで説明したことをまとめますと、

    • 地頭の正しい読み方は「じとう」「じあたま」「じがしら」。
    • 地頭(じとう)は「平安時代、荘園の領主が土地管理のために置いた荘官の名称のひとつ/鎌倉幕府で、荘園・公領の管理と租税の徴収・治安維持にあたった職のこと」の意味。
    • 地頭(じあたま)は「その人本来の頭の良さのこと/かつらなどを被らない、そのままの髪の頭のこと」の意味。
    • 地頭(じがしら)は「能で、地謡の統率者のこと/能の大鼓・小鼓の特殊な手配りの名称のこと」の意味。

     

     このエントリーをはてなブックマークに追加 

     

    こちらもお勧め!

     

    関連ページ