態態(態々)の読み方と意味、「わざわざ」と「たいたい」正しいのは?

  • ギモン雑学 TOP
  • 賢くなるための知恵
  • カテゴリー
  •  

     

    さて日常的に使われるもので「態態(態々)」という言葉があります。

     

    この態態に用いられている漢字自体はさほど難しくないですが、
    態態がどの読み方なのか悩んだことがあるという人も多いですよね。

     

    そこでこのページでは態態(態々)の読み方と意味、「わざわざ」と「たいたい」どちらが正しいのかを解説します。

     

    どうぞご覧ください。

     

    スポンサーリンク

     

     

    1.態態(態々)の正しい読み方は「わざわざ」「たいたい」?

     

    では態態の正しい読み方は、「わざわざ」「たいたい」どちらなのかを見ていきましょう。

     

    結論から言ってしまうと、態態の正しい読み方は「わざわざ」になります

     

    態態の”態”という字は「わざ(と)」「たい」と読むことができますが、
    態態は「わざわざ」と読むのが正しく、「たいたい」と読むのは間違いです。

     

     

     

    また態々に用いられている”々”というのは、踊り字の一種で、”同の字点(どうのじてん)”または、片仮名(カタカナ)の「ノ」と「マ」を組み合わせたように見えることから”ノマ点”(俗に”ノマ”)と呼ばれているものです。

     

    (踊り字とは、”国語で、同じ漢字や仮名(かな)を重ねるときに用いる符号のこと”で、”々”は、「あゝ」の”ゝ”などと同じようなもの)

     

     

    この”々”自体に固有の読み方は存在せず、「態々(わざわざ)」や「久々(ひさびさ)」のように、同じ漢字を繰り返すときに、簡単に表す目的で、その漢字の代わりとして使われています

     

    つまり同じ漢字が繰り返される場合は、その漢字を2回書くよりも”々”で書いた方が楽だから、”々”を使っているというわけです。

     

    なので態々は”態態”、久々も”久久”とまったく同じものですので覚えておきましょう。

     

     

    次の章で態態(態々)の意味と類義語について解説していきます。

     

    2.態態(態々)の意味と類義語について

     

    では態態の意味と類義語について見ていきましょう。

     

    まず態態は「通常ならそこまで行わなくてもいいことを行うさま/態(わざ)と。故意に」の意味として用いられています。

     

     

    態態を用いた例文としては、「態態お越しいただきありがとうございます」や、「態態回り道をする」のような使い方で用いられています。

     

    前者の例文は「通常ならそこまで行わなくてもいいことを行うさま」の意味で、後者の例文は「態と。故意に」の意味で使用しています。

     

     

     

    また態態の類義語としては、「意図的(いとてき)・故意(こい)・殊更(ことさら)・敢えて(あえて)」などの言葉が挙げられます

     

    どの言葉についても態態と意味は似ていますが、まったく同じ意味ではないので注意してください。

     

     

    以上が「態態(態々)の読み方と意味、”わざわざ”と”たいたい”正しいのは?」でした。

     

    スポンサーリンク

     

    3.まとめ