さて日常的に使われるもので「論う」という言葉があります。

 

この論うに用いられている漢字自体はさほど難しくないですが、
論うがどの読み方なのか悩んだことがあるという人も多いですよね。

 

そこでこのページでは論うの読み方と意味、「ろんう」と「あげつらう」どちらが正しいのかを解説します。

 

どうぞご覧ください。

 

 

 

1.論うの正しい読み方は「ろんう」「あげつらう」?

 

では論うの正しい読み方は、「ろんう」「あげつらう」どちらなのかを見ていきましょう。

 

結論から言ってしまうと、論うの正しい読み方は「あげつらう」になります

 

 

論うの”論”は「あげつら(う)」「ろん」と読むことができますが、
論うは「あげつらう」と読むのが正しく、「ろんう」と読むのは間違いです

 

 

次の章で論うの意味と類義語について解説していきます。

 

2.論うの意味と類義語について

 

では論うの意味と類義語について見ていきましょう。

 

まず論うは「物事の是非・善悪・可否などについて議論すること/些細(ささい)な欠点や短所などを取り上げて言い立てること」の意味として用いられています。

 

 

論うを用いた例文としては、「他人の欠点をいちいち論う」や、
「彼は人のことを論うばかりで何もしない」のような使い方で用いられています。

 

論うは一般的には前者の意味で使われることが多く、
どちらの例文も「些細な欠点や短所などを取り上げて言い立てること」の意味で使用しています。

 

 

 

また論うの類義語としては、「辛辣(しんらつ)・文句(もんく)・屁理屈(へりくつ)・クレーム」などの言葉が挙げられます

 

どの言葉についても論うと意味は似ていますが、まったく同じ意味ではないので注意してください。

 

 

以上が「論うの読み方と意味、”ろんう”と”あげつらう”正しいのは?」でした。

 

 

3.まとめ

これまで説明したことをまとめますと、

  • 論うの正しい読み方は「あげつらう」で、「ろんう」は間違い。
  • 論うは「物事の是非・善悪・可否などについて議論すること/些細な欠点や短所などを取り上げて言い立てること」の意味。
  • 論うの類義語には、「辛辣・文句・屁理屈・クレーム」などがある。

 

 

関連ページ