文旦の読み方と意味、「ぼんたん」と「ぶんたん」正しいのは?

  • ギモン雑学 TOP
  • 賢くなるための知恵
  • カテゴリー
  •  

     

    さて日常的に使われるもので「文旦」という言葉があります。

     

    この文旦に用いられている漢字自体はさほど難しくないですが、
    文旦がどの読み方なのか悩んだことがあるという人も多いですよね。

     

    そこでこのページでは文旦の読み方と意味、「ぼんたん」と「ぶんたん」どちらが正しいのかを解説します。

     

    どうぞご覧ください。

     

    スポンサーリンク

     

     

    1.文旦の正しい読み方は「ぼんたん」「ぶんたん」?

     

    では文旦の正しい読み方は、「ぼんたん」「ぶんたん」どちらなのかを見ていきましょう。

     

    結論から言ってしまうと、文旦の正しい読み方は「ぼんたん」「ぶんたん」の両方になります

     

    文旦の”文”という字は「ふみ」「ぶん」、”旦”という字は「たん」と読むことができます。

     

    ただ一般的には文旦は「ぶんたん」と読むことがほとんどです。

     

     

     

    また文旦の”文”という字は単体で「ぼん」と読むことはできませんが、
    日本語における音変化によって「ぶんたん」から「ぼんたん」という読み方に変化しました。

     

    簡単に言うと、”発音しにくい音を発音しやすい音に変化させたもの”です。

     

    この音変化により、文旦は通常では読むことができない「ぼんたん」という読み方になったんですね。

     

     

    次の章で文旦の意味について解説していきます。

     

    2.文旦の意味について

     

    では文旦の意味について見ていきましょう。

     

    まず文旦は「朱欒(ザボン)の別名のこと」の意味として用いられています。

     

     

    朱欒(ザボン)というのは、”ミカン科の常緑小高木のこと”で、
    初夏に大形の白色の花を咲かせ、冬に大きな実が黄色に熟します。

     

    朱欒の実の果皮は厚く、皮を剥いて生でそのまま食べたり、砂糖漬けにしたりして食べられます。

     

     

    以上が「文旦の読み方と意味、”ぼんたん”と”ぶんたん”正しいのは?」でした。

     

    スポンサーリンク

     

    3.まとめ

    これまで説明したことをまとめますと、

    • 文旦の正しい読み方は「ぼんたん」「ぶんたん」の両方。
    • 文旦は「朱欒(ザボン)の別名のこと」の意味。

     

     このエントリーをはてなブックマークに追加 

     

    こちらもお勧め!

     

    関連ページ