真打の読み方と意味、「しんうち」と「しんだ」正しいのは?

  • ギモン雑学 TOP
  • 賢くなるための知恵
  • カテゴリー
  •  

     

    さて日常的に使われるもので「真打」という言葉があります。

     

    この真打に用いられている漢字自体はさほど難しくないですが、
    真打がどの読み方なのか悩んだことがあるという人も多いですよね。

     

    そこでこのページでは真打の読み方と意味、「しんうち」と「しんだ」どちらが正しいのかを解説します。

     

    どうぞご覧ください。

     

    スポンサーリンク

     

     

    1.真打の正しい読み方は「しんうち」「しんだ」?

     

    では真打の正しい読み方は、「しんうち」「しんだ」どちらなのかを見ていきましょう。

     

    結論から言ってしまうと、真打の正しい読み方は「しんうち」になります

     

    真打の”打”は「う(つ)」「う(ち)」「だ」と読むことができますが、
    真打は「しんうち」と読むのが正しく、「しんだ」と読むのは間違いです

     

     

     

    また真打(しんうち)のように「真(しん)」が用いられている言葉には、
    「真価(しんか)・真紅(しんく)・真実(しんじつ)・真意(しんい)」などがあります。

     

    真打(しんうち)のように「打(うち)」が用いられている言葉には、
    「田打(たうち)・曲打(きょくうち)・平打(ひらうち)・鳥打(とりうち)」などがあります。

     

     

    次の章で真打の意味と類義語について解説していきます。

     

    2.真打の意味と類義語について

     

    では真打の意味と類義語について見ていきましょう。

     

    まず真打は「寄席(よせ)で最後に出演する、技量が最上級の人のこと/最も実力や人気のある人のこと」の意味として用いられています。

     

    寄席(よせ)というのは、”落語・講談・手品など大衆演芸の興行場のこと”です。

     

     

     

    真打を用いた例文としては、「真打という落語家にとって最高の資格」や、
    「この苦しい状況の中で真打の登場」のような使い方で用いられています。

     

    前者の例文は「寄席で最後に出演する、技量が最上級の人のこと」の意味で、後者の例文は「最も実力や人気のある人のこと」の意味で使用しています。

     

     

     

    また真打の類義語としては、「筆頭(ひっとう)・妙手(みょうしゅ)・ダークホース・エース」などの言葉が挙げられます

     

    どの言葉についても真打と意味は似ていますが、まったく同じ意味ではないので注意してください。

     

     

    以上が「真打の読み方と意味、”しんうち”と”しんだ”正しいのは?」でした。

     

    スポンサーリンク

     

    3.まとめ