何桁の数字の意味とは?7桁の収入や3桁の収入はいくらを表している?

 

 

さてあなたは日常生活で7桁の数字や3桁の数字というように、
”何桁の数字”のような表現を見たことがあるかと思います。

 

しかし何桁の数字と言われても、どのぐらいの数字をことを表しているのか、
いまいち理解できていないと感じている人もいますよね。

 

そこでこのページでは何桁の数字の意味とは?
また7桁の収入や3桁の収入はいくらを表しているのかを簡単に解説します。

 

どうぞご覧ください。

 

 

 

1.何桁の数字の意味について

 

では何桁の数字の意味について見ていきましょう。

 

数字の桁数を簡単に下にまとめましたので、まずはご覧ください。

 

 

上のように1の位(例だと数字の1)が1桁目となり、
例の中で最も大きな億の位(例だと数字の9)が9桁目となります

 

 

そして”数字の0〜9までは1桁”、”数字の10〜99までは2桁”、
”数字の100〜999までは3桁”というように数字とその桁数は関係しています。

 

 

なので上のように4321だと4桁の数字、8765万4321だと8桁の数字、
9億8765万4321だと9桁の数字を意味しているというわけです。

 

 

さて次の章では7桁の収入や3桁の収入と言われた場合には、
一体いくらの金額のことを指しているのかを簡単に解説していきます。

 

2.7桁の収入や3桁の収入はいくらを表しているのか?

では7桁の収入や3桁の収入と言った場合には、いくらの金額を表しているのか解説していきますね。

 

結論から言ってしまうと、7桁の収入も3桁の収入と言った場合にも”100万〜999万円”のことを指しています

 

まず7桁の数字であればもとから”100万〜999万”を示しているので問題はないですが、
通常であれば3桁の数字は”100〜999”しか示していません。

 

ですが3桁の収入と言った場合には、”100万〜999万円”を指すことがほとんどです。

 

 

なぜかというとそれは、収入を万単位で表しているからです。

 

年収を表すときはほとんどが万単位で表されるときが多いので、
簡単に想像できるように万単位で3桁とか4桁と言う人がいるみたいです。

 

ただ厳密に言えば”100万〜999万円”の収入で正しい表し方なのは、
3桁の収入ではなく”7桁の収入”の方ですので注意してくださいね

 

 

以上が「何桁の数字の意味とは?7桁の収入や3桁の収入はいくらを表している?」でした。

 

 

3.まとめ

これまで説明したことをまとめますと、

  • その数字の桁は、一の位が1桁目、十の位が2桁目、百の位が3桁目、....というように続いていく。
  • 7桁の収入は”100万〜999万円”の収入のことを指している。
  • 3桁の収入と言った場合には万単位で表しており、7桁の収入と同様に”100万〜999万円”を指している(正しい表現は7桁の収入の方)。

 

 

関連ページ