白鷺の読み方と意味、「しらさぎ」と「しろさぎ」正しいのは?

  • ギモン雑学 TOP
  • 賢くなるための知恵
  • カテゴリー
  •  

     

    さて日常的に使われるもので「白鷺」という漢字があります。

     

    この白鷺に使用されている漢字(特に”鷺”)は普段はあまり見ることはなく、
    どのような読み方なのか分からないという人も多いですよね。

     

    そこでこのページでは白鷺の読み方と意味、「しらさぎ」と「しろさぎ」どちらが正しいのかを解説します。

     

    どうぞご覧ください。

     

    スポンサーリンク

     

     

    1.白鷺の正しい読み方は「しらさぎ」「しろさぎ」?

     

    では白鷺の正しい読み方は、「しらさぎ」「しろさぎ」どちらなのかを見ていきましょう。

     

    結論から言ってしまうと、白鷺の正しい読み方は「しらさぎ」「はくろ」になります

     

    白鷺の”白”は「しろ」「しら」「はく」、”鷺”は「さぎ」「ろ」と読むことができますが、
    白鷺は「しらさぎ」「はくろ」と読むのが正しく、「しろさぎ」と読むのは間違いです。

     

    ただ一般的には白鷺は「しらさぎ」と読むことがほとんどです。

     

     

    また白鷺(しらさぎ)のように「白(しら)」が用いられている言葉には、
    「白子(しらこ)・白州(しらす)・白木(しらき)・白滝(しらたき)」などがあります。

     

    白鷺(しらさぎ)のように「鷺(さぎ)」が用いられている言葉には、
    「青鷺(あおさぎ)・若鷺(わかさぎ)・大鷺(だいさぎ)・鷺苔(さぎごけ)」などがあります。

     

     

    次の章で白鷺の意味について解説していきます。

     

    2.白鷺の意味について

     

    では白鷺の意味について見ていきましょう。

     

    まず白鷺は「サギ科の鳥のうち、全身が白色のものの総称のこと」の意味として用いられています。

     

    鷺(さぎ)は、コウノトリ目サギ科の鳥で、見た目は鶴(つる)に似ていて、やや小さく、飛翔時に首を縮めます。

     

    主に水辺に棲み魚を捕食しますが、草原や森林に棲み、昆虫などを捕食する種類のものも存在します。

     

    「はくろ」というのは、「しらさぎ」の別称になります

     

     

    以上が「白鷺の読み方と意味、”しらさぎ”と”しろさぎ”正しいのは?」でした。

     

    スポンサーリンク

     

    3.まとめ

    これまで説明したことをまとめますと、

    • 白鷺の正しい読み方は「しらさぎ」「はくろ」の両方で、「しろさぎ」は間違い。
    • 白鷺は「サギ科の鳥のうち、全身が白色のものの総称のこと」の意味。

     

     このエントリーをはてなブックマークに追加 

     

    こちらもお勧め!

     

    関連ページ