附子の読み方と意味、「ぶし」と「ふし」正しいのは?

  • ギモン雑学 TOP
  • 賢くなるための知恵
  • カテゴリー
  •  

     

    さて日常的に使われるもので「附子」という漢字があります。

     

    この附子に使用されている漢字(特に”附”)は普段はあまり見ることはなく、
    どのような読み方なのか分からないという人も多いですよね。

     

    そこでこのページでは附子の読み方と意味、「ぶし」と「ふし」どちらが正しいのかを解説します。

     

    どうぞご覧ください。

     

    スポンサーリンク

     

     

    1.附子の正しい読み方は「ぶし」「ふし」?

     

    では附子の正しい読み方は、「ぶし」「ふし」どちらなのかを見ていきましょう。

     

    結論から言ってしまうと、附子の正しい読み方は「ぶし」「ふし」「ぶす」になります

     

    附子の”附”は「ぶ」「ふ」、”子”は「し」「す」読むことができ、附子は「ぶし」「ふし」「ぶす」のどれも正しい読み方です。

     

    ただ附子は「ぶし」「ふし」「ぶす」のどれで読むかによって、意味が異なるので注意が必要です。

     

    (次の章でそれぞれの意味について解説していきます)

     

     

    また附子(ぶし)のように「附(ぶ)」が用いられている言葉は、
    附子の他には見つけることができませんでした。

     

    附子(ふし)のように「附(ふ)」が用いられている言葉には、
    「附図(ふず)・附加(ふか)・附随(ふずい)・附着(ふちゃく)」などがあります。

     

     

    次の章で附子の意味について解説していきます。

     

    2.附子の意味について

     

    では附子の意味について見ていきましょう。

     

    まず附子(ぶし)は「鳥兜(トリカブト)の塊根(かいこん)のこと/子根(しこん)をとって乾かした生薬のこと」の意味として用いられています。

     

    トリカブトは全体に毒がありますが、特に根の部分に強い毒性があるとされ、アコニチンなどの毒が含まれています。

     

     

    附子を「ぶし」と読むと上記のような意味になりますが、
    「ふし」「ぶす」と読むとそれぞれ下記のような意味となります。

     

    附子は「ふし」と読むと「白膠木(ぬるで)の葉に五倍子虫(ふしむし)によって生じる瘤(こぶ)のこと」の意味、「ぶす」と読むと「鳥兜の塊根/狂言の曲目のひとつ」の意味になります

     

    五倍子虫(ふしむし)というのは、”アブラムシ科の昆虫の一種のこと”です。

     

    五倍子虫は白膠木に寄生して葉に虫瘤(むしこぶ)を生じさせ、
    虫瘤にはタンニンが多く含まれ、薬用・染料用として使われ、古くにはお歯黒に用いられていました。

     

    このように附子は「ぶし」「ふし」「ぶす」のどれで読むかによって、意味が異なるので覚えておきましょう。

     

     

    以上が「附子の読み方と意味、”ぶし”と”ふし”正しいのは?」でした。

     

    スポンサーリンク

     

    3.まとめ

    これまで説明したことをまとめますと、

    • 附子の正しい読み方は「ぶし」「ふし」「ぶす」。
    • 附子(ぶし)は「鳥兜の塊根のこと/子根をとって乾かした生薬のこと」の意味。
    • 附子(ふし)は「白膠木の葉に五倍子虫によって生じる瘤のこと」の意味。
    • 附子(ぶす)は「鳥兜の塊根のこと/狂言の曲目のひとつ」の意味。

     

     このエントリーをはてなブックマークに追加 

     

    こちらもお勧め!

     

    関連ページ