子種の読み方と意味、「こだね」と「ししゅ」正しいのは?

  • ギモン雑学 TOP
  • 賢くなるための知恵
  • カテゴリー
  •  

     

    さて日常的に使われるもので「子種」という漢字があります。

     

    この子種に用いられている漢字自体はさほど難しくないですが、
    子種がどの読み方なのか悩んだことがあるという人も多いですよね。

     

    そこでこのページでは子種の読み方と意味、「こだね」と「ししゅ」どちらが正しいのかを解説します。

     

    どうぞご覧ください。

     

    スポンサーリンク

     

     

    1.子種の正しい読み方は「こだね」「ししゅ」?

     

    では子種の正しい読み方は、「こだね」「ししゅ」どちらなのかを見ていきましょう。

     

    結論から言ってしまうと、子種の正しい読み方は「こだね」になります

     

    子種の”子”は「こ」「し」、”種”は「たね」「しゅ」と読むことができますが、
    子種は「こだね」と読むのが正しく、「ししゅ」と読むのは間違いです。

     

     

    また”種”の読み方は「たね」と読むことはできますが、
    もともとそれ単体では「だね」という読み方をすることはできません。

     

    子種のように「こたね」ではなく、「こだね」と濁って読むのは、日本語の「連濁(れんだく)」と呼ばれているものです

     

    連濁とは2つの語が結びついて1つの語になるときに、
    後ろの語頭が清音から濁音に変化するというものです。
    (子種であれば、清音の”た”から濁音の”だ”に変化)

     

     

    例えば「手紙(てがみ)」や「綿毛(わたげ)」は連濁なしで読むと、
    「てかみ」や「わたけ」と読むのが普通です。

     

    もともと紙には「がみ」という読み方はないですし、毛にも「げ」という読み方は存在しません

     

    ですが日本語では連濁によって後ろの語頭が清音から濁音に変わるため、
    「手紙(てがみ)」「綿毛(わたげ)」と濁らせて読んでいるのです。

     

    ただすべての言葉が連濁によって濁音に変化するわけではないので、注意してください。

     

     

    次の章で子種の意味と類義語について解説していきます。

     

    2.子種の意味と類義語について

     

    では子種の意味と類義語について見ていきましょう。

     

    まず子種は「子となるべきもの。精子のこと/家系・血統を継ぐ者としての子のこと」の意味として用いられています。

     

    子種を用いた例文としては、「子種がない」や、
    「子種が絶える」のような使い方で用いられています。

     

    前者の例文は「子となるべきもの。精子のこと」の意味で、
    後者の例文は「家系・血統を継ぐ者としての子のこと」の意味で使用しています。

     

     

    また子種の類義語としては、「子宝(こだから)・精液(せいえき)・稚児(ちご)・白子(しらこ)」などの言葉が挙げられます

     

    どの言葉についても子種と意味は似ていますが、まったく同じ意味ではないので注意してください。

     

     

    以上が「子種の読み方と意味、”こだね”と”ししゅ”正しいのは?」でした。

     

    スポンサーリンク

     

    3.まとめ

    これまで説明したことをまとめますと、

    • 子種の正しい読み方は「こだね」で、「ししゅ」は間違い。
    • 子種は「子となるべきもの。精子のこと/家系・血統を継ぐ者としての子のこと」の意味。
    • 子種の類義語には、「子宝・精液・稚児・白子」などがある。

     

     このエントリーをはてなブックマークに追加 

     

    こちらもお勧め!

     

    関連ページ