囃子の読み方と意味、「はやし」と「そうし」正しいのは?

  • ギモン雑学 TOP
  • 賢くなるための知恵
  • カテゴリー
  •  

     

    さて日常的に使われるもので「囃子」という言葉があります。

     

    この囃子に使用されている漢字(特に”囃”)は普段あまり見ることはなく、
    どのような読み方なのか分からないという人も多いですよね。

     

    そこでこのページでは囃子の読み方と意味、「はやし」と「そうし」どちらが正しいのかを解説します。

     

    どうぞご覧ください。

     

     

     

    1.囃子の正しい読み方は「はやし」「そうし」?

     

    では囃子の正しい読み方は、「はやし」「そうし」どちらなのかを見ていきましょう。

     

    結論から言ってしまうと、囃子の正しい読み方は「はやし」になります

     

    囃子の”囃”は「はや(す)」「そう」と読むことができますが、
    囃子は「はやし」と読むのが正しく、「そうし」と読むのは間違いです

     

     

     

    また囃子(はやし)のように「囃(はや)」が用いられている言葉は、
    囃子の他には「囃子方(はやしかた)・囃子詞(はやしことば)」しか見つけることができませんでした。

     

    囃子(はやし)のように「子(し)」が用いられている言葉には、
    「子孫(しそん)・子弟(してい)・子息(しそく)・分子(ぶんし)」などがあります。

     

     

    次の章で囃子の意味と類義語について解説していきます。

     

    2.囃子の意味と類義語について

     

    では囃子の意味と類義語について見ていきましょう。

     

    まず囃子は「能や歌舞伎などで、笛・太鼓などを用いて、拍子を取ったり気分を添えるために伴奏(ばんそう)する音楽のこと」の意味として用いられています。

     

     

    囃子を用いた例文としては、「囃子を奏する」や、
    「囃子に用いている楽器」のような使い方で用いられています。

     

     

     

    また囃子の類義語としては、「小唄(こうた)・端唄(はうた)・雅楽(ががく)・歌謡(かよう)」などの言葉が挙げられます

     

    どの言葉についても囃子と意味は似ていますが、まったく同じ意味ではないので注意してください。

     

     

    以上が「囃子の読み方と意味、”はやし”と”そうし”正しいのは?」でした。

     

     

    3.まとめ