グラフと図と表の違いとは?

  • ギモン雑学 TOP
  • 賢くなるための知恵
  • カテゴリー
  •  

     

    さて学校や会社など様々な場面でグラフ・図・表を使用しますよね。

     

    しかしあなたはこれらの言葉を使用するときに、
    それぞれの意味の違いを理解して使い分けているでしょうか。

     

    なかにはすべて同じ意味で捉えてしまっている人もいるはずです。

     

    そこでこのページでは、グラフと図と表の違いについて簡単に解説します。

     

    どうぞご覧ください。

     

     

     

    1.グラフと図と表の違いについて

    ではグラフと図と表の違いについて見ていきましょう。

     

    結論から言ってしまうとグラフと図と表の違いは、
    矢印や折れ線などの図形を用いたものか、文字と数字と線だけで構成されているかです。

     

    そしてグラフと図は同じもので、言語が英語か日本語かの違いです。

     

     

    上図にようにグラフと図は文字や数字以外にも図形が用いられており、
    表は文字と数字と線のみで構成されているものを言います。

     

    さてグラフ(図)と表についてそれぞれ見ていきましょう。

     

    グラフと図とは?

    グラフと図とは、文字や数字以外にも矢印や折れ線などの図形を用いたものです。

     

    そしてグラフ(glaph)は日本語で図のことを意味しています。

     

    ですのでグラフと図は、表現している言語が英語なのか日本語なのかの違いだけです。

     

    グラフの種類には棒グラフ・折れ線グラフ・円グラフなどの種類があり、
    それぞれの用途によってどの種類のグラフを使用するかが異なります。

     

     

    またグラフ(図)のタイトルを付けるときは”figure”や”図”と表され、
    表示させる位置としては実際のグラフ(図)の下になります

     

     

    このようにグラフ(図)のタイトルは、下に配置するようにしましょう。

     

    ちなみに”フィギュア(figure)”もグラフ(graph)と同様に図の意味を持っています。

     

    表とは?

    表とは、文字と数字と線だけで構成されているものを言います。

     

    そして表を作成するときに線を用いて枠を作ると思いますが、
    この線のことを罫線(けいせん)と呼びます。

     

    他にもノートなどにあらかじめ引かれている線についても罫線で、
    文字や数字を揃えて書くことを目的とする場合に罫線という言葉が使用されます。

     

     

    また表のタイトルはグラフ(図)のときとは異なり、表の上に配置します

     

     

    このように表のタイトルは、上に配置するようにしましょう。

     

     

    以上が「グラフと図と表の違いとは?」でした。

     

     

    2.まとめ

    これまで説明したことをまとめますと、

    • グラフと図は同じで、文字や数字以外にも矢印や折れ線などの図形を用いたもの。
    • 表とは、文字と数字と線だけで構成されているもの。
    • グラフ(図)と表の違いは、文字や数字だけでなく図形が使用されているかどうか。

     

     

    関連ページ