長門の読み方と意味、「ながと」と「ちょうもん」正しいのは?

  • ギモン雑学 TOP
  • 賢くなるための知恵
  • カテゴリー
  •  

     

    さて日常的に使われるもので「長門」という言葉があります。

     

    この長門に用いられている漢字自体はさほど難しくないですが、
    長門がどの読み方なのか悩んだことがあるという人も多いですよね。

     

    そこでこのページでは長門の読み方と意味、「ながと」と「ちょうもん」どちらが正しいのかを解説します。

     

    どうぞご覧ください。

     

     

     

    1.長門の正しい読み方は「ながと」「ちょうもん」?

     

    では長門の正しい読み方は、「ながと」「ちょうもん」どちらなのかを見ていきましょう。

     

    結論から言ってしまうと、長門の正しい読み方は「ながと」になります

     

    長門の”長”は「なが(い)」「ちょう」、”門”は「もん」「と」と読むことができますが、長門は「ながと」と読むのが正しく、「ちょうもん」と読むのは間違いです。

     

     

     

    また長門(ながと)のように「長(なが)」が用いられている言葉には、
    「柄長(えなが)・面長(おもなが)・長芋(ながいも)・長居(ながい)」などがあります。

     

    長門(ながと)のように「門(と)」が用いられている言葉は、長門の他には「鳴門(なると)」しか見つけることができませんでした。

     

     

    次の章で長門の意味について解説していきます。

     

    2.長門の意味について

     

    では長門の意味について見ていきましょう。

     

    まず長門は「旧国名のひとつで、現在の山口県の北西部にあたる地域のこと」の意味として用いられています。

     

     

    旧国名とは国の古い呼び名のことで、特に日本では昔の行政区画の呼び名を言います。

     

     

    つまり簡単に言えば、いまは47都道府県でひとつの日本という国ですが、
    昔は日本というひとつの国ではなく、長門・越後など様々な名称の国が存在していたということです。

     

    そして旧国名である長門のあった地域が、いま現在の山口県の北西部にあたる地域を指しているわけです。

     

     

    以上が「長門の読み方と意味、”ながと”と”ちょうもん”正しいのは?」でした。

     

     

    3.まとめ