さて日常的に使われるもので「因る」という言葉があります。

 

この因るに用いられている漢字自体はさほど難しくないですが、
因るがどの読み方なのか悩んだことがあるという人も多いですよね。

 

そこでこのページでは因るの読み方と意味、「よる」と「いんる」どちらが正しいのかを解説します。

 

どうぞご覧ください。

 

 

 

1.因るの正しい読み方は「よる」「いんる」?

 

では因るの正しい読み方は、「よる」「いんる」どちらなのかを見ていきましょう。

 

結論から言ってしまうと、因るの正しい読み方は「よる」になります

 

 

因るの”因”は「よ(る)」「いん」と読むことができますが、
因るは「よる」と読むのが正しく、「いんる」と読むのは間違いです

 

 

次の章で因るの意味と類義語について解説していきます。

 

2.因るの意味と類義語について

 

では因るの意味と類義語について見ていきましょう。

 

まず因るは「ある物事が起きる原因となること/ある物事の手段・方法あるいは材料となること/ある物事の根拠・基準・理由となること/ある物事に関係すること」の意味として用いられています。

 

 

因るを用いた例文としては、「レーダーに因る観測」や、
「それは相手の出方にも因る」のような使い方で用いられています。

 

前者の例文は「ある物事の手段・方法あるいは材料となること」の意味で、
後者の例文は「ある物事に関係すること」の意味で使用しています。

 

 

 

また因るの類義語としては、「原因(げんいん)・誘因(ゆういん)・動機(どうき)・因子(いんし)」などの言葉が挙げられます

 

どの言葉についても因ると意味は似ていますが、まったく同じ意味ではないので注意してください。

 

 

以上が「因るの読み方と意味、”よる”と”いんる”正しいのは?」でした。

 

 

3.まとめ

これまで説明したことをまとめますと、

  • 因るの正しい読み方は「よる」で、「いんる」は間違い。
  • 因るは「ある物事が起きる原因となること/ある物事の手段・方法あるいは材料となること/ある物事の根拠・基準・理由となること/ある物事に関係すること」の意味。
  • 因るの類義語には、「原因・誘因・動機・因子」などがある。

 

 

関連ページ