節目の読み方と意味、「せつもく」と「ふしめ」正しいのは?

 

さて日常的に使われるもので「節目」という言葉があります。

 

この節目に用いられている漢字自体はさほど難しくないですが、
節目がどの読み方なのか悩んだことがあるという人も多いですよね。

 

そこでこのページでは節目の読み方と意味、「せつもく」と「ふしめ」どちらが正しいのかを解説します。

 

どうぞご覧ください。

 

 

 

1.節目の正しい読み方は「せつもく」「ふしめ」?

 

では節目の正しい読み方は、「せつもく」「ふしめ」どちらなのかを見ていきましょう。

 

結論から言ってしまうと、節目の正しい読み方は「せつもく」「ふしめ」の両方になります

 

節目の”節”は「ふし」「せつ」、”目”は「め」「もく」と読むことができます。

 

 

 

一般的には節目は「ふしめ」と読むことがほとんどです。

 

ただ節目は「せつもく」「ふしめ」のどちらで読むかによって、意味が少し異なるので注意が必要です。

 

(次の章でそれぞれの意味について解説していきます)

 

 

 

また節目(ふしめ)のように「節(ふし)」が用いられている言葉には、
「折節(おりふし)・節穴(ふしあな)・節付(ふしづけ)・節榑(ふしくれ)」などがあります。

 

節目(ふしめ)のように「目(め)」が用いられている言葉には、
「木目(もくめ)・裏目(うらめ)・羽目(はめ)・糸目(いとめ)」などがあります。

 

 

次の章で節目の意味と類義語について解説していきます。

 

2.節目の意味と類義語について

 

では節目の意味と類義語について見ていきましょう。

 

まず節目(せつもく)は「草木の節(ふし)のこと/小分けにした一つ一つの箇条のこと」の意味として用いられています。

 

 

節目を「せつもく」と読むと上記のような意味になりますが、
「ふしめ」と読むと「木材・竹などの節(ふし)のあるところ/ある事柄の区切りとなるところ」の意味となります

 

 

そして「せつもく」と「ふしめ」の後者の意味はよく似ていますが、
「小分けにした一つ一つの箇条」の方が”より細かい区切りを表現したいとき”に使われます。

 

なので「ふしめ」というのは、「せつもく」よりも大きな区切りを意味するわけです。

 

このように節目は「せつもく」「ふしめ」のどちらで読むかによって、意味が少し異なるので覚えておきましょう。

 

 

 

節目を用いた例文としては、「竹の節目(ふしめ)を数える」や、
「人生の節目(ふしめ)を迎える」のような使い方で用いられています。

 

前者の例文は「木材・竹などの節のあるところ」の意味で、
後者の例文は「ある事柄の区切りとなるところ」の意味で使用しています。

 

ただ一般的には”節目”は「ふしめ」と読み、「ある事柄の区切りとなるところ」の意味で使われることがほとんどです。

 

 

 

また節目の類義語としては、「境(さかい)・境界(きょうかい)・境目(さかいめ)・区切り(くぎり)」などの言葉が挙げられます

 

どの言葉についても節目と意味は似ていますが、まったく同じ意味ではないので注意してください。

 

 

以上が「節目の読み方と意味、”せつもく”と”ふしめ”正しいのは?」でした。

 

 

3.まとめ

これまで説明したことをまとめますと、

  • 節目の正しい読み方は「せつもく」「ふしめ」の両方。
  • 節目(せつもく)は「草木の節のこと/小分けにした一つ一つの箇条のこと」の意味。
  • 節目(ふしめ)は「木材・竹などの節のあるところ/ある事柄の区切りとなるところ」の意味。
  • 節目の類義語には、「境・境界・境目・区切り」などがある。

 

 

関連ページ