奉行の読み方と意味、「ぶぎょう」と「ほうこう」正しいのは?

  • ギモン雑学 TOP
  • 賢くなるための知恵
  • カテゴリー
  •  

     

    さて日常的に使われるもので「奉行」という言葉があります。

     

    こ奉行に使用されている漢字(特に”奉”)は普段あまり見ることはなく、
    どのような読み方なのか分からないという人も多いですよね。

     

    そこでこのページでは奉行の読み方と意味、「ぶぎょう」と「ほうこう」どちらが正しいのかを解説します。

     

    どうぞご覧ください。

     

     

     

    1.奉行の正しい読み方は「ぶぎょう」「ほうこう」?

     

    では奉行の正しい読み方は、「ぶぎょう」「ほうこう」どちらなのかを見ていきましょう。

     

    結論から言ってしまうと、奉行の正しい読み方は「ぶぎょう」「ほうこう」の両方になります

     

    奉行の”奉”は「たてまつ(る)」「ほう」「ぶ」、”行”は「い(く)」「こう」「ぎょう」と読むことができます。

     

     

    一般的には奉行は「ぶぎょう」と読むことがほとんどです。

     

    ただ奉行は「ぶぎょう」「ほうこう」のどちらで読むかによって、意味が少し異なるので注意が必要です。

     

    (次の章でそれぞれの意味について解説していきます)

     

     

     

    また奉行(ぶぎょう)のように「奉(ぶ)」が用いられている言葉には、
    「供奉(ぐぶ)・鍋奉行(なべぶぎょう)・三奉行(さんぶぎょう)・内供奉(ないぐぶ)」などがあります。

     

    奉行(ぶぎょう)のように「行(ぎょう)」が用いられている言葉には、
    「行司(ぎょうじ)・行事(ぎょうじ)・行政(ぎょうせい)・苦行(くぎょう)」などがあります。

     

     

    次の章で奉行の意味と類義語について解説していきます。

     

    2.奉行の意味と類義語について

     

    では奉行の意味と類義語について見ていきましょう。

     

    まず奉行(ぶぎょう)は「武家時代の職名のこと/命令を受けて執行すること」の意味として用いられています。

     

     

    奉行を「ぶぎょう」と読むと上記にような意味になりますが、
    「ほうこう」と読むと「命令を受けて執行すること」の意味のみとなります

     

    このように奉行は「ぶぎょう」「ほうこう」のどちらで読むかによって、意味が少し異なるので覚えておきましょう。

     

     

     

    また奉行の類義語としては、「守護(しゅご)・代官(だいかん)・地頭(じとう)・元老(げんろう)」などの言葉が挙げられます

     

    どの言葉についても奉行と意味は似ていますが、まったく同じ意味ではないので注意してください。

     

     

    以上が「奉行の読み方と意味、”ぶぎょう”と”ほうこう”正しいのは?」でした。

     

     

    3.まとめ