このページでは彼岸の読み方と意味、「ひがん」と「かれぎし」どちらが正しいのかを解説しています。

 

 

 

1.彼岸の正しい読み方は「ひがん」「かれぎし」?

 

結論から言ってしまうと、彼岸の正しい読み方は「ひがん」になります

 

彼岸の”彼”は「かれ」「ひ」、”岸”は「きし」「がん」と読むことができますが、彼岸は「ひがん」と読むのが正しく、「かれぎし」と読むのは間違いです

 

 

 

また彼岸(ひがん)のように「彼(ひ)」が用いられている言葉には、
「彼我(ひが)・彼此(ひし)・海彼(かいひ)」があります。

 

彼岸(ひがん)のように「岸(がん)」が用いられている言葉には、
「岸壁(がんぺき)・沿岸(えんがん)・湾岸(わんがん)・護岸(ごがん)」などがあります。

 

 

次の章で彼岸の意味について解説していきます。

 

2.彼岸の意味について

 

彼岸は「春分・秋分の日を中日(ちゅうにち)とする前後7日間のこと/仏教における悟りの境地のこと」の意味として用いられています。

 

 

例えば3月20日が春分(中日)だとすると、3月17日が”彼岸入り”で、3月23日が”彼岸明け”ということになります。

 

同様に9月22日が秋分(中日)だとすると、9月19日が”彼岸入り”で、9月25日が”彼岸明け”ということになります。

 

 

 

彼岸を用いた例文としては、「暑い寒いも彼岸まで」や、
「彼岸に導く教え」のような使い方で用いられています。

 

前者の例文は「春分・秋分の日を中日とする前後7日間」の意味で、
後者の例文は「仏教における悟りの境地」の意味で使用しています。

 

 

 

また彼岸の類義語としては、「社日(しゃにち)・節分(せつぶん)・土用(どよう)・半夏生(はんげしょう)」などの言葉が挙げられます

 

どの言葉についても彼岸と意味は似ていますが、まったく同じ意味ではないので注意してください。

 

 

以上が「彼岸の読み方と意味、”ひがん”と”かれぎし”正しいのは?」でした。

 

 

3.まとめ

これまで説明したことをまとめますと、

  • 彼岸の正しい読み方は「ひがん」で、「かれぎし」は間違い。
  • 彼岸は「春分・秋分の日を中日とする前後7日間のこと/仏教における悟りの境地のこと」の意味。
  • 彼岸の類義語には、「社日・節分・土用・半夏生」などがある。

 

 

関連ページ

<難読漢字の一覧>

 

(写真あり)藜、櫛、羆など

【一文字】難読漢字の一覧!

 

(写真あり)竜髭菜、青梗菜、蕗など

【野菜・果物・茸】難読漢字の一覧!

 

(写真あり)岩魚、栄螺、鱧など

【魚・貝・海藻】難読漢字の一覧!

 

(写真あり)海驢、犀、猫鼬など

【動物】難読漢字の一覧!

 

(写真あり)花鶏、信天翁、杜鵑など

【鳥】難読漢字の一覧!

 

(写真あり)薊、金木犀、百合など

【花・植物】難読漢字の一覧!

 

(写真あり)水黽、蟋蟀、蟷螂など

【虫】難読漢字の一覧!

 

(写真あり)外郎、皮蛋、雲呑など

【食べ物・飲み物】難読漢字の一覧!

 

(写真あり)行灯、暖簾、轆轤など

【道具・身近なモノ】難読漢字の一覧!

<読み間違えやすい漢字の一覧>

 

哀悼、重複、出生、集荷など

読み間違えやすい漢字一覧!

 

依存、過不足、続柄など

慣用読み(百姓読み)の一覧!

 

<難読漢字の一覧(偏)>

 

(写真あり)鯆、鰍、鰉など

【魚偏】難読漢字の一覧!

 

(写真あり)蝗、蠍、蝮など

【虫偏】難読漢字の一覧!

 

(写真あり)梲、栂、樅など

【木偏】難読漢字の一覧!

 

(写真あり)鎹、鍬、釦など

【金偏】難読漢字の一覧!

 

<覚えておきたい知識>

 

鉄火巻きの具材は?、クリスマス・イヴはいつ?など

【知識】一般常識の一覧!

 

(写真あり)カラーボックス、ACアダプターなど

【一般的】物の名前の一覧!