胚芽の読み方と意味、「はいが」と「はいめ」正しいのは?

  • ギモン雑学 TOP
  • 賢くなるための知恵
  • カテゴリー
  •  

     

    さて日常的に使われることはあまりないですが、「胚芽」という言葉があります。

     

    この胚芽に使用されている漢字(特に”胚”)は普段あまり見ることはなく、
    どのような読み方なのか分からないという人も多いですよね。

     

    そこでこのページでは胚芽の読み方と意味、「はいが」と「はいめ」どちらが正しいのかを解説します。

     

    どうぞご覧ください。

     

     

     

    1.胚芽の正しい読み方は「はいが」「はいめ」?

     

    では胚芽の正しい読み方は、「はいが」「はいめ」どちらなのかを見ていきましょう。

     

    結論から言ってしまうと、胚芽の正しい読み方は「はいが」になります

     

    胚芽の”胚”は「はい」、”芽”は「め」「が」と読むことができますが、
    胚芽は「はいが」と読むのが正しく、「はいめ」と読むのは間違いです

     

     

     

    また胚芽(はいが)のように「胚(はい)」が用いられている言葉には、
    「胚子(はいし)・胚胎(はいたい)・胚珠(はいしゅ)・胚乳(はいにゅう)」などがあります。

     

    胚芽(はいが)のように「芽(が)」が用いられている言葉には、
    「出芽(しゅつが)・発芽(はつが)・麦芽(ばくが)・萌芽(ほうが)」などがあります。

     

     

    次の章で胚芽の意味と類義語について解説していきます。

     

    2.胚芽の意味と類義語について

     

    では胚芽の意味と類義語について見ていきましょう。

     

    まず胚芽は「植物の種子の中にあって、成長すると芽になる部分のこと」の意味として用いられています。

     

     

    胚芽を用いた例文としては、「胚芽を取り除く」や、
    「これは大豆の胚芽の部分だ」のような使い方で用いられています。

     

     

     

    また胚芽の類義語としては、「新芽(しんめ)・若芽(わかめ)・麦芽(ばくが)・萌芽(ほうが)」などの言葉が挙げられます

     

    どの言葉についても胚芽と意味は似ていますが、まったく同じ意味ではないので注意してください。

     

     

    以上が「胚芽の読み方と意味、”はいが”と”はいめ”正しいのは?」でした。

     

     

    3.まとめ