抄本の読み方と意味、「しょうほん」と「さほん」正しいのは?

  • ギモン雑学 TOP
  • 賢くなるための知恵
  • カテゴリー
  •  

     

    さて日常的に使われるもので「抄本」という漢字があります。

     

    この抄本に使用されている漢字(特に”抄”)は普段はあまり見ることはなく、
    どのような読み方なのか分からないという人も多いですよね。

     

    そこでこのページでは抄本の読み方と意味、「しょうほん」と「さほん」どちらが正しいのかを解説します。

     

    どうぞご覧ください。

     

    スポンサーリンク

     

     

    1.抄本の正しい読み方は「しょうほん」「さほん」?

     

    では抄本の正しい読み方は、「しょうほん」「さほん」どちらなのかを見ていきましょう。

     

    結論から言ってしまうと、抄本の正しい読み方は「しょうほん」になります

     

    抄本の”抄”という字は「しょう」と読むことはできますが、
    「さ」と読むことはできないので、抄本を「さほん」と読むのは間違いです

     

     

    また抄本(しょうほん)のように「抄(しょう)」が用いられている言葉には、
    「抄録(しょうろく)・抄出(しょうしゅつ)・抄訳(しょうやく)・抄紙(しょうし)」などがあります。

     

    抄本(しょうほん)のように「本(ほん)」が用いられている言葉には、
    「本当(ほんとう)・本意(ほんい)・本位(ほんい)・本番(ほんばん)」などがあります。

     

     

    次の章で抄本の意味と類義語について解説していきます。

     

    2.抄本の意味と類義語について

     

    では抄本の意味と類義語について見ていきましょう。

     

    まず抄本は「原本のある一部分を書き抜いたもののこと/原本の一部分を写しとった文書のこと」の意味として用いられています。

     

    抄本というと日常的に”戸籍抄本(こせきしょうほん)”という言葉が使われますが、
    この戸籍抄本というのは、「戸籍に書かれている内容の一部分だけを写しとった文書」を意味しています

     

    例えば3人家族がいて、その場合は戸籍に3人の情報が記載されていますが、
    そのうち1人だけの情報を写した文書が欲しい場合には”戸籍抄本”を申請します。

     

    そして反対に”戸籍謄本(こせきとうほん)”と言うと、
    「戸籍に書かれている内容の全てを写しとった文書」を意味しています

     

    なので3人分(3人家族なら)の情報を写した文書が欲しいのであれば、
    ”戸籍謄本”を申請すれば良いというわけです。

     

     

    抄本を用いた例文としては、「源氏物語の抄本」や、
    「戸籍抄本を受け取る」のような使い方で用いられています。

     

    前者の例文は「原本のある一部分を書き抜いたもののこと」の意味で、
    後者の例文は「原本の一部分を写し取った文書のこと」の意味で使用しています。

     

     

    また抄本の類義語としては、「覚書(おぼえがき)・謄本(とうほん)・副本(ふくほん)・控え(ひかえ)」などの言葉が挙げられます

     

    どの言葉についても抄本と意味は似ていますが、まったく同じ意味ではないので注意してください。

     

     

    以上が「抄本の読み方と意味、”しょうほん”と”さほん”正しいのは?」でした。

     

    スポンサーリンク

     

    3.まとめ

    これまで説明したことをまとめますと、

    • 抄本の正しい読み方は「しょうほん」で、「さほん」は間違い。
    • 抄本は「原本のある一部分を書き抜いたもののこと/原本の一部分を写しとった文書のこと」の意味。
    • 抄本の類義語には、「覚書・謄本・副本・控え」などがある。

     

     このエントリーをはてなブックマークに追加 

     

    こちらもお勧め!

     

    関連ページ