執拗の読み方と意味、「しつよう」と「しゅうよう」正しいのは?

 

さて日常的に使われるもので「執拗」という言葉があります。

 

この執拗に使用されている漢字(特に”拗”)は普段あまり見ることはなく、
どのような読み方なのか分からないという人も多いですよね。

 

そこでこのページでは執拗の読み方と意味、「しつよう」と「しゅうよう」どちらが正しいのかを解説します。

 

どうぞご覧ください。

 

 

 

1.執拗の正しい読み方は「しつよう」「しゅうよう」?

 

では執拗の正しい読み方は、「しつよう」「しゅうよう」どちらなのかを見ていきましょう。

 

結論から言ってしまうと、執拗の正しい読み方は「しつよう」「しつおう」になります

 

執拗の”執”は「と(る)」「しつ」「しゅう」、”拗”は「す(ねる)」「こじ(れる)」「よう」「おう」と読むことができますが、執拗は「しつよう」「しつおう」と読むのが正しく、「しゅうよう」と読むのは間違いです。

 

 

ただ一般的には執拗は「しつよう」と読むことがほとんどです。

 

 

 

また執拗(しつよう)のように「執(しつ)」が用いられている言葉には、
「執務(しつむ)・執事(しつじ)・確執(かくしつ)・固執(こしつ)」などがあります。

 

執拗(しつよう)のように「拗(よう)」が用いられている言葉は、
他には「拗音(ようおん)・拗体(ようたい)」しか見つけることができませんでした。

 

 

次の章で執拗の意味と類義語について解説していきます。

 

2.執拗の意味と類義語について

 

では執拗の意味と類義語について見ていきましょう。

 

まず執拗は「しつこいこと/自分の意見を押し通そうとすること」の意味として用いられています。

 

 

執拗を用いた例文としては、「執拗に付きまとう」や、
「執拗に主張する」のような使い方で用いられています。

 

前者の例文は「しつこいこと」の意味で、
後者の例文は「自分の意見を押し通そうとすること」の意味で使用しています。

 

 

 

また執拗の類義語としては、「頑固(がんこ)・執念(しゅうねん)・固執(こしつ)・くどい」などの言葉が挙げられます

 

どの言葉についても執拗と意味は似ていますが、まったく同じ意味ではないので注意してください。

 

 

以上が「執拗の読み方と意味、”しつよう”と”しゅうよう”正しいのは?」でした。

 

 

3.まとめ