七回忌の読み方と意味、「ななかいき」と「しちかいき」正しいのは?

  • ギモン雑学 TOP
  • 賢くなるための知恵
  • カテゴリー
  •  

     

    さて日常的に使われるもので「七回忌」という漢字があります。

     

    この七回忌に使用されている漢字(特に”忌”)は普段はあまり見ることはなく、
    どのような読み方なのか分からないという人も多いですよね。

     

    そこでこのページでは七回忌の読み方と意味、「ななかいき」と「しちかいき」どちらが正しいのかを解説します。

     

    どうぞご覧ください。

     

    スポンサーリンク

     

     

    1.七回忌の正しい読み方は「ななかいき」「しちかいき」?

     

    では七回忌の正しい読み方は、「ななかいき」「しちかいき」どちらなのかを見ていきましょう。

     

    結論から言ってしまうと、七回忌の正しい読み方は「しちかいき」になります

     

    七回忌の”七”という字は「なな」「しち」と読むことができますが、
    七回忌は「しちかいき」と読むのが正しく、「ななかいき」と読むのは間違いです

     

    ただ七回忌を「しちかいき」ではなく「ななかいき」と読む方もかなり多いため、
    ”慣用読み”という形で「ななかいき」という読み方も、正しい読み方として定着していくかもしれません。

     

    慣用読みというのは、本来は間違った読み方なのですが、
    間違った読み方をする人が多いために、その間違った読み方についても正しい読み方にしようというものです。

     

    個人的には「しちかいき」が正しい読み方であっても、
    「ななかいき」という読み方でほとんどの方に通じるため、どちらを使っても問題がないように感じます

     

     

    また七回忌(しちかいき)のように「七(しち)」が用いられている言葉には、
    「七難(しちなん)・七生(しちしょう)・七味(しちみ)・七輪(しちりん)」などがあります。

     

    七回忌(しちかいき)のように「忌(き)」が用いられている言葉には、
    「遠忌(えんき)・忌日(きにち)・年忌(ねんき)・周忌(しゅうき)」などがあります。

     

     

    次の章で七回忌の意味と類義語について解説していきます。

     

    2.七回忌の意味と類義語について

     

    では七回忌の意味と類義語について見ていきましょう。

     

    まず七回忌は「死後満6年目の回忌のこと」の意味として用いられています。

     

    回忌と言うのは、人の死後、毎年まわってくる命日のことで、
    少しややこしいですが一回忌は命日のことを指しています。

     

    なので翌年の命日がきて一回忌と思われている方も多いですが、
    実は翌年の命日がきて二回忌(=一周忌)となるんですね。

     

    これにより死後満7年目ではなく、死後満6年目の回忌が七回忌となるわけです。

     

     

    七回忌の類義語としては、「忌日(きにち)・法事(ほうじ)・法要(ほうよう)・遠忌(えんき)」などの言葉が挙げられます

     

    どの言葉についても七回忌と意味は似ていますが、まったく同じ意味ではないので注意してください。

     

     

    以上が「七回忌の読み方と意味、”ななかいき”と”しちかいき”正しいのは?」でした。

     

    スポンサーリンク

     

    3.まとめ

    これまで説明したことをまとめますと、

    • 七回忌の正しい読み方は「しちかいき」で、「ななかいき」は間違い。
    • 七回忌は「死後満6年目の回忌のこと」の意味。
    • 七回忌の類義語には、「忌日・法事・法要・遠忌」などがある。

     

     このエントリーをはてなブックマークに追加 

     

    こちらもお勧め!

     

    関連ページ