葛の読み方と意味、「かずら」と「クズ」正しいのは?

  • ギモン雑学 TOP
  • 賢くなるための知恵
  • カテゴリー
  •  

     

    さて日常的に使われるもので「葛」という漢字があります。

     

    この葛に使用されている漢字は普段はあまり見ることはなく、
    どのような読み方なのか分からないという人も多いですよね。

     

    そこでこのページでは葛の読み方と意味、「かずら」と「クズ」どちらが正しいのかを解説します。

     

    どうぞご覧ください。

     

    スポンサーリンク

     

     

    1.葛の正しい読み方は「かずら」「クズ」?

     

    では葛の正しい読み方は、「かずら」「クズ」どちらなのかを見ていきましょう。

     

    結論から言ってしまうと、葛の正しい読み方は「かずら」「クズ」の両方になります

     

    これは”葛”という字の訓読みと音読みでの読み方で、
    訓読みでは「かずら」「クズ」と読むことができ、音読みでは「かつ」と読むことができます

     

    ですので葛は「かずら」「クズ」の両方の読み方が正しいです。

     

    ただ葛を「かずら」「クズ」のどちらで読むかによって、意味が異なるので注意が必要です。

     

    (次の章でそれぞれの意味について解説します)

     

     

    次の章で葛の意味について解説していきます。

     

    2.葛の意味と類義語について


    ※上の画像は葛(クズ)の写真

     

    では葛の意味について見ていきましょう。

     

    まず葛(かずら)は「つる草の総称のこと」の意味として用いられています。

     

    葛を「かずら」と読むと上記のような意味になりますが、
    「クズ」と読むと「マメ科のつる性多年草」の意味となります

     

    葛(クズ)は山野に多く自生していて、根からはデンプン(葛粉)を取ることができ、葛粉はお菓子などによく利用されます。

     

    このように葛は「かずら」「クズ」のどちらで読むかによって、意味が異なるので覚えておきましょう。

     

     

    以上が「葛の読み方と意味、”かずら”と”クズ”正しいのは?」でした。

     

    スポンサーリンク

     

    3.まとめ

    これまで説明したことをまとめますと、

    • 葛は訓読みで「かずら」「クズ」で、音読みで「かつ」と読む。
    • 葛(かずら)は「つる草の総称のこと」の意味。
    • 葛(クズ)は「マメ科のつる性多年草のこと」の意味。

     

     このエントリーをはてなブックマークに追加 

     

    こちらもお勧め!

     

    関連ページ