希代(稀代)の読み方と意味、「きたい」と「きだい」正しいのは?

  • ギモン雑学 TOP
  • 賢くなるための知恵
  • カテゴリー
  •  

     

    さて日常的に使われるもので「希代(稀代)」という言葉があります。

     

    この希代(稀代)に用いられている漢字自体はさほど難しくないですが、
    希代(稀代)がどの読み方なのか悩んだことがあるという人も多いですよね。

     

    そこでこのページでは希代(稀代)の読み方と意味、「きたい」と「きだい」どちらが正しいのかを解説します。

     

    どうぞご覧ください。

     

     

     

    1.希代(稀代)の正しい読み方は「きたい」「きだい」?

     

    では希代(稀代)の正しい読み方は、「きたい」「きだい」どちらなのかを見ていきましょう。

     

    結論から言ってしまうと、希代(稀代)の正しい読み方は「きたい」「きだい」の両方になります

     

    希代(稀代)の”希(稀)”は「まれ」「き」、”代”は「だい」「たい」と読むことができます。

     

     

    ただ一般的には希代(稀代)は「きだい」と読むことが多いです。

     

     

     

    また希代(きたい)のように「代(たい)」が用いられている言葉には、
    「永代(えいたい)・交代(こうたい)・代謝(たいしゃ)・色代(しきたい)」などがあります。

     

    希代(きだい)のように「代(だい)」が用いられている言葉には、
    「代理(だいり)・代役(だいやく)・末代(まつだい)・代価(だいか)」などがあります。

     

     

    次の章で希代(稀代)の意味と類義語について解説していきます。

     

    2.希代(稀代)の意味と類義語について

     

    では希代(稀代)の意味と類義語について見ていきましょう。

     

    まず希代(稀代)は「世に稀(まれ)なこと。非常に珍しいこと/不思議なこと」の意味として用いられています。

     

     

    希代(稀代)を用いた例文としては、「希代(稀代)の英雄」や、
    「希代(稀代)なこともあるものだ」のような使い方で用いられています。

     

    前者の例文は「世に稀なこと、非常に珍しいこと」の意味で、
    後者の例文は「不思議なこと」の意味で使用しています。

     

     

     

    また希代(稀代)の類義語としては、「特異(とくい)・空前(くうぜん)・奇抜(きばつ)・未曾有(みぞう)」などの言葉が挙げられます

     

    どの言葉についても希代(稀代)と意味は似ていますが、まったく同じ意味ではないので注意してください。

     

     

    以上が「希代(稀代)の読み方と意味、”きたい”と”きだい”正しいのは?」でした。

     

     

    3.まとめ