趣の読み方と意味、「おもむき」と「しゅ」正しいのは?

  • ギモン雑学 TOP
  • 賢くなるための知恵
  • カテゴリー
  •  

     

    さて日常的に使われるもので「趣」という漢字があります。

     

    この趣に用いられている漢字自体はさほど難しくないですが、
    趣がどの読み方なのか悩んだことがあるという人も多いですよね。

     

    そこでこのページでは趣の読み方と意味、「おもむき」と「しゅ」どちらが正しいのかを解説します。

     

    どうぞご覧ください。

     

    スポンサーリンク

     

     

    1.趣の正しい読み方は「おもむき」「しゅ」?

     

    では趣の正しい読み方は、「おもむき」「しゅ」どちらなのかを見ていきましょう。

     

    結論から言ってしまうと、趣の正しい読み方は「おもむき」「しゅ」の両方になります

     

    これは”趣”という字の訓読みと音読みでの読み方で、
    訓読みでは「おもむき」と読むことができ、音読みでは「しゅ」と読むことができます

     

    ですので趣は「おもむき」「しゅ」の両方の読み方が正しいです。

     

    ただ趣を「おもむき」「しゅ」のどちらで読むかによって、意味が少し異なるので注意が必要です。

     

    (次の章でそれぞれの意味について解説します)

     

     

    次の章で趣の意味と類義語について解説していきます。

     

    2.趣の意味と類義語について

     

    では趣の意味と類義語について見ていきましょう。

     

    まず趣(おもむき)は「風情(ふぜい)のある様子/気配。感じ/だいたいの内容/心が動く方向」の意味として用いられています。

     

    趣を「おもむき」と読むと上記のような意味になりますが、
    「しゅ」と読むと「風情のある様子/心が動く方向/衆生が死後に、生前の業によって赴く世界」の意味となります

     

    衆生(しゅじょう)というのは、”心を持つすべての存在”のことを意味します。

     

    このように趣は「おもむき」「しゅ」のどちらで読むかによって、意味が少し異なるので覚えておきましょう。

     

     

    趣を用いた例文としては、「趣のある景色」や、
    「秋の趣が深くなる」のような使い方で用いられています。

     

    前者の例文は「風情のある様子」の意味で、
    後者の例文は「気配。感じ」の意味で使用しています。

     

     

    また趣の類義語としては、「情趣(じょうしゅ)・風情(ふぜい)・趣向(しゅこう)・余韻(よいん)」などの言葉が挙げられます

     

    どの言葉についても趣と意味は似ていますが、まったく同じ意味ではないので注意してください。

     

     

    以上が「趣の読み方と意味、”おもむき”と”しゅ”正しいのは?」でした。

     

    スポンサーリンク

     

    3.まとめ

    これまで説明したことをまとめますと、

    • 趣は訓読みで「おもむき」で、音読みで「しゅ」と読む。
    • 趣(おもむき)は「風情のある様子/気配。感じ/だいたいの内容/心が動く方向」の意味。
    • 趣(しゅ)は「風情のある様子/心が動く方向/衆生が死後に、生前の業によって赴く世界」の意味。
    • 趣の類義語には、「情趣・風情・趣向・余韻」などがある。

     

     このエントリーをはてなブックマークに追加 

     

    こちらもお勧め!

     

    関連ページ