礎の読み方と意味、「いしずえ」と「そ」正しいのは?

 

 

さて日常的に使われるもので「礎」という言葉があります。

 

この礎に用いられている漢字自体はさほど難しくないですが、
礎がどの読み方なのか悩んだことがあるという人も多いですよね。

 

そこでこのページでは礎の読み方と意味、「いしずえ」と「そ」どちらが正しいのかを解説します。

 

どうぞご覧ください。

 

 

 

1.礎の正しい読み方は「いしずえ」「そ」?

 

では礎の正しい読み方は、「いしずえ」「そ」どちらなのかを見ていきましょう。

 

結論から言ってしまうと、礎の正しい読み方は「いしずえ」「そ」の両方になります

 

 

これは”礎”という字の訓読みと音読みでの読み方で、
訓読みでは「いしずえ」と読むことができ、音読みでは「そ」と読むことができます

 

ですので礎は「いしずえ」「そ」の両方の読み方が正しいです。

 

 

ただ礎を「いしずえ」「そ」のどちらで読むかによって、意味が少し異なるので注意が必要です。

 

 

次の章で礎の意味と類義語について解説していきます。

 

2.礎の意味と類義語について

 

では礎の意味と類義語について見ていきましょう。

 

まず礎(いしずえ)は「建物の土台となる石のこと/物事の基礎となる大切なものや人のこと」の意味として用いられています。

 

 

礎を「いしずえ」と読むと上記のような意味になりますが、
「そ」と読むと「建物の土台となる石」の意味のみとなります

 

このように礎は「いしずえ」「そ」のどちらで読むかによって、意味が少し異なるので覚えておきましょう。

 

 

 

礎を用いた例文としては、「建物の礎が見える」や、
「国の礎(いしずえ)となる」のような使い方で用いられています。

 

前者の例文は「建物の土台となる石」の意味で、
後者の例文は「物事の基礎となる大切なものや人」の意味で使用しています。

 

 

 

また礎の類義語としては、「土台(どだい)・基幹(きかん)・根幹(こんかん)・中心(ちゅうしん)」などの言葉が挙げられます

 

どの言葉についても礎と意味は似ていますが、まったく同じ意味ではないので注意してください。

 

 

以上が「礎の読み方と意味、”いしずえ”と”そ”正しいのは?」でした。

 

 

3.まとめ