畔の読み方と意味、「ほとり」と「あぜ」正しいのは?

  • ギモン雑学 TOP
  • 賢くなるための知恵
  • カテゴリー
  •  

     

    さて日常的に使われるもので「畔」という言葉があります。

     

    この畔に使用されている漢字は普段はあまり見ることはなく、
    どのような読み方なのか分からないという人も多いですよね。

     

    そこでこのページでは畔の読み方と意味、「ほとり」と「あぜ」どちらが正しいのかを解説します。

     

    どうぞご覧ください。

     

     

     

    1.畔の正しい読み方は「ほとり」「あぜ」?

     

    では畔の正しい読み方は、「ほとり」「あぜ」どちらなのかを見ていきましょう。

     

    結論から言ってしまうと、畔の正しい読み方は「ほとり」「あぜ」の両方になります

     

     

    これは”畔”という字の訓読みと音読みでの読み方で、
    訓読みでは「ほとり」「あぜ」と読むことができ、音読みでは「はん」と読むことができます

     

    ですので畔は「ほとり」「あぜ」の両方の読み方が正しいです。

     

     

    ただ畔を「ほとり」「あぜ」のどちらで読むかによって、意味が異なるので注意が必要です。

     

     

    次の章で畔の意味と類義語について解説していきます。

     

    2.畔の意味と類義語について

     

    では畔の意味と類義語について見ていきましょう。

     

    まず畔(ほとり)は「海や川・池などの水際(みずぎわ)のこと/その付近。近辺のこと」の意味として用いられています。

     

     

    畔を「ほとり」と読むと上記のような意味になりますが、「あぜ」と読むと「土を盛り上げて作った、田と田の境(さかい)/敷居と鴨居(かもい)の溝と溝の仕切り」の意味となります

     

    このように畔は「ほとり」「あぜ」のどちらで読むかによって、意味が異なるので覚えておきましょう。

     

     

     

    畔を用いた例文としては、「川の畔(ほとり)を散歩する」や、
    「畔道(あぜみち)を歩く」のような使い方で用いられています。

     

    前者の例文は「海や川・池などの水際のこと」の意味で、
    後者の例文は「土を盛り上げて作った、田と田の境のこと」の意味で使用しています。

     

     

     

    また畔の類義語としては、「湖畔(こはん)・川端(かわばた)・岸辺(きしべ)・川岸(かわぎし)」などの言葉が挙げられます

     

    どの言葉についても畔と意味は似ていますが、まったく同じ意味ではないので注意してください。

     

     

    以上が「畔の読み方と意味、”ほとり”と”あぜ”正しいのは?」でした。

     

     

    3.まとめ

    これまで説明したことをまとめますと、

    • 畔は訓読みで「ほとり」「あぜ」、音読みで「はん」と読む。
    • 畔(ほとり)は「海や川・池などの水際のこと/その付近。近辺のこと」の意味。
    • 畔(あぜ)は「土を盛り上げて作った、田と田の境のこと/敷居と鴨居の溝と溝の仕切りのこと」の意味。
    • 畔の類義語には、「湖畔・川端・岸辺・川岸」などがある

     

     

    関連ページ